2018.9.6 05:06(1/2ページ)

さらば新井さん…今季限り引退 広島と阪神で20年、愛された男の41歳決断

さらば新井さん…今季限り引退 広島と阪神で20年、愛された男の41歳決断

晴れ晴れとした表情で会見した新井。誰からも愛された男が今季限りでユニホームを脱ぐ

晴れ晴れとした表情で会見した新井。誰からも愛された男が今季限りでユニホームを脱ぐ【拡大】

 広島・新井貴浩内野手(41)が5日、広島市のマツダスタジアムで会見し、今季限りでの引退を発表した。真っ先に引退の意向を伝えた盟友の黒田博樹氏(43)も「えっ、ホンマか?」とビックリする決断。阪神でも活躍し、誰からも愛される「新井さん」が、男の美学を貫いた。 

 ユニホーム姿のまま晴れやかな表情で壇上に上がった。新井が会見を開き、今季限りでの引退を表明。広島に生まれ、カープファンから最も愛されたスラッガーが惜しまれつつ、通算20年の現役生活にピリオドを打つ。

 「今シーズン限りで現役を引退することに決めました。若手がすごく力をつけてきている。これからのカープのことを考えたときに、ことしがいいんじゃないかなというふうに考えました」

 今季は開幕直前の3月の練習中に左ふくらはぎを痛め、14年ぶりに開幕1軍を逃した。5月の1軍復帰後は球団最年長弾を記録するなど要所で存在感を発揮したが、試合前時点で49試合、打率・222、4本塁打、20打点。8月初旬に球団に引退の意志を伝え、鈴木球団本部長からは「考え直してほしい」と何度も慰留されたが、同月下旬に心境の変化がないことを伝えて、了承された。

 悩みに、悩んだ決断だった。6月の交流戦後に「引退」の2文字がよぎった。球団OBで尊敬する黒田博樹氏に相談すると、第一声は「えっ、ホンマか?」と絶句したという。黒田氏は長く現役を続けてほしいという思いが強かったが、新井の「後進に道を譲る」と“男の美学”を聞いて「彼らしい」と納得した。

【続きを読む】

  • 新井貴浩の年度別打撃成績
  • 五回、代打に向かう新井に大きな声援が送られた
  • 黒田博樹と抱き合い涙を見せる広島・新井貴浩=東京ドーム(撮影・山田俊介)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 広島
  5. さらば新井さん…今季限り引退 広島と阪神で20年、愛された男の41歳決断