2018.9.6 05:03(1/3ページ)

広島・新井「本当に人に恵まれた20年間だった」…鯉と阪神で戦った野球人生

広島・新井「本当に人に恵まれた20年間だった」…鯉と阪神で戦った野球人生

本塁打を放った丸を出迎える新井。ベンチで盛り上げた(撮影・山田喜貴)

本塁打を放った丸を出迎える新井。ベンチで盛り上げた(撮影・山田喜貴)【拡大】

 広島・新井貴浩内野手(41)は5日、マツダスタジアムで会見し、今季限りでの引退を表明。ユニホーム姿で晴れ晴れとした表情を浮かべ、思いを語った。

 --球団に引退の意志を伝えたのはいつ

 「8月の初めのほうですね」

 --伝えるに至った経緯は

 「自分の中では、けっこう早い段階でそういうふうに決めようというふうには考えていましたね。8月に入ってすぐ、鈴木(球団本部長)さんのほうに引退させてもらいますとお伝えしました。球団を始め、鈴木さんからは考え直せと、まだ辞めるなというふうに言っていただき、1カ月間考え直してくれと言っていただいたんですけど、8月いっぱいまた考えて、自分の気持ちが変わることがなかったので、そうお伝えしました」

 --早い段階はいつ。決め手は

 「だんだんいろんなことを考えていて…、そろそろかなと考え出したのが交流戦が終わったくらいですかね」

 --引退の気持ちがこの1カ月、変わらなかった理由

 「若手がすごく力をつけてきていますし、これからの2年後、3年後、また5年後のカープのことを考えたときに、まあ今年がいいんじゃないかなというふうに考えました」

 --いまの率直な気持ちは

 「自分の中では2015年にカープに戻ってきてから、とにかくカープのために少しでも力になりたいと思って帰ってきました。そのときはもう、1年間やって力になれなかったらすぐ辞めようと思って帰ってきたなかで、4年間もやらせていただいて、優勝もさせていただいて、ほんとうに周りの方に感謝の気持ちしかないですね」

【続きを読む】

  • 会見を終えて囲み取材に応じる新井。最後まで涙はなかった
  • 試合前に、ナインを前に笑顔の新井(中央)
  • 「ありがとう新井さん」。応援ボードを掲げる鯉ファン
  • 五回、代打で登場し、空振り三振に倒れた新井
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 広島
  5. 広島・新井「本当に人に恵まれた20年間だった」…鯉と阪神で戦った野球人生