2018.9.5 11:57

【試合結果】“二刀流”大谷翔平、メジャー1年目の松井秀喜に並ぶ16号ソロ弾! 左投手から初の本塁打

【試合結果】

“二刀流”大谷翔平、メジャー1年目の松井秀喜に並ぶ16号ソロ弾! 左投手から初の本塁打

レンジャーズ戦の6回、右越えに16号本塁打を放つエンゼルス・大谷=アーリントン(共同)

レンジャーズ戦の6回、右越えに16号本塁打を放つエンゼルス・大谷=アーリントン(共同)【拡大】

  レンジャーズ4-2エンゼルス(4日、アーリントン)米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(24)はアストロズ戦に「2番・DH」で出場し、第3打席で相手先発左腕のマイナーから、右中間スタンドへ飛び込む16号ソロを放った。大谷の左投手からの本塁打はメジャー初で、1年目の本塁打数で2003年のヤンキース・松井秀喜の16本に並んだ。日本のメジャーリーガーが1年目にマークした本塁打記録は、2006年の城島健司(マリナーズ)の18本が最多で大谷はあと2本に迫った。この日は4打数1安打1本塁打で、打率・276。チームは、2-4で敗れた。

 二刀流・大谷翔平ここにあり!2日(日本時間3日)に投手として復帰登板を果た大谷は、この日打者として4試合ぶりの出場。3点を追う六回先頭で迎えた打席で、それまで2三振に抑えられていたレ軍先発の左腕マイナーを捕まえた。カウント2-1からの4球目、外角へ逃げるスライダーを強振した打球は、一直線で右中間スタンドへ飛び込む飛距離126メートルの弾丸16号ソロとなった。クールな表情でダイヤモンドを回った大谷は、ベンチへ戻るとチームメイトのハイタッチで迎えられた。

 一回無死二塁での第1打席は、カウント2-2から7球目のカーブの前に見逃し三振に倒れた。第2打席は無死二塁の場面で、カウント0ー2から外角のスライダーに再び見逃し三振に倒れた。2点を追う七回二死一、二塁の第4打席は、左腕ペレスの外角の変化球の前にニゴロに終わった。

 エ軍は一回、シモンズの内野ゴロの間に先制点を挙げた。レ軍は四回、アンドルスの6号ソロで同点に追い付くと、ベルトレの9号ソロで勝ち越しに成功した。さらに五回、マザラの2点二塁打で4-1とリードを広げた。エ軍は六回に大谷の本塁打で1点を返したが、反撃及ばずレ軍に敗れた。

 なお、エ軍・田沢純一投手(32)が2番手として2点ビハインドの七回に登板。先頭のデシールズに左越え二塁打を浴びたが、後続を断ち無失点で切り抜けた。1回1安打無失点で、防御率は8・59。

試合結果へ大谷の打撃成績へ大谷の投手成績へ

  • レンジャーズ戦の6回、右越えに16号本塁打を放つエンゼルス・大谷=アーリントン(共同)
  • レンジャーズ戦の6回、右越えに16号本塁打を放つエンゼルス・大谷=アーリントン(共同)
  • レンジャーズ戦の6回、16号本塁打を放ち一塁を回るエンゼルス・大谷=アーリントン(共同)
  • レンジャーズ戦の6回、16号本塁打を放ちトラウト(左)の出迎えに笑顔を見せるエンゼルス・大谷=アーリントン(共同)
  • レンジャーズ戦の6回、16号本塁打を放ちソーシア監督(左)の出迎えを受けるエンゼルス・大谷=アーリントン(共同)
  • レンジャーズ戦の6回、16号本塁打を放ち、ベンチで祝福されるエンゼルス・大谷(右)=アーリントン(共同)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 【試合結果】“二刀流”大谷翔平、メジャー1年目の松井秀喜に並ぶ16号ソロ弾! 左投手から初の本塁打