2018.9.5 05:02(1/3ページ)

韓国も撃つ!藤原、燃えて2タイムリー 昨年U18W杯で苦杯…リベンジだ/U18アジア

韓国も撃つ!藤原、燃えて2タイムリー 昨年U18W杯で苦杯…リベンジだ/U18アジア

特集:
U18アジア選手権
一回、タイムリーを放った藤原。ホレボレするフルスイングだ(撮影・水島啓輔)

一回、タイムリーを放った藤原。ホレボレするフルスイングだ(撮影・水島啓輔)【拡大】

 U18アジア選手権(4日、スリランカ0-15日本=六回規定によりコールド、サンマリン宮崎)根尾に負けん、俺が主役や!! A組の高校日本代表はスリランカを15-0の六回コールドゲームで下して2連勝とし、2次リーグ進出を決めた。阪神の1位候補に挙がる藤原恭大外野手(3年)=大阪桐蔭=が2タイムリーと本領を発揮。5日の1次リーグ最終戦の韓国戦を前に、怪気炎を上げた。 

 打席に立てば宮崎っ子たちがフェンスへと走る。期待に満ちる視線を浴びるのは大黒柱としての活躍を果たした日本の4番・藤原だ。1-0の一回一死三塁の第1打席から右中間へ適時打を放って球場は大歓声。チームを決勝ラウンド進出へと導いた。

 「一回からいい攻撃ができて、自分たちの打撃ができてきている。状態も上がってきています」

 12-0となった五回二死三塁でも右前適時打を飛ばし、打席でファンの目をクギ付けにしてみせた。今秋のドラフト1位指名の最有力候補の1人に挙げている阪神は佐野スカウト統括、畑山チーフスカウトが視察。アピールもさることながら、前日は同じ大阪桐蔭の根尾がサイクル安打を含む5安打5打点と活躍。負けられんとばかりに自慢のフルスイングを貫いた。

【続きを読む】

  • ベンチから戦況を見つめる藤原、渡辺、根尾、小園(左から)。次は日韓戦だ
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 韓国も撃つ!藤原、燃えて2タイムリー 昨年U18W杯で苦杯…リベンジだ/U18アジア