2018.9.4 05:02

ヤクルト3年目・高橋、“脱ライアン”でプロ1勝だ!

ヤクルト3年目・高橋、“脱ライアン”でプロ1勝だ!

今季の高橋は静かなフォームで、熱い魂を込めて投げる

今季の高橋は静かなフォームで、熱い魂を込めて投げる【拡大】

 ヤクルトは3日、4日からの中日3連戦(神宮)に向けて先発投手陣が神宮外苑で調整を行った。5日に先発でプロ初登板する3年目左腕、高橋奎二(けいじ)投手(21)は“脱ライアン投法”で初勝利を狙う。

 「緊張すると思う。まずは思いきって腕を振って、結果として長いイニングを投げられたらうれしい」

 京都・龍谷大平安高2年春のセンバツで優勝し、2016年ドラフト3位で入団。右足を高く上げる投球フォームから“左のライアン”と注目された。だが、プロ入り後に左肩痛や腰痛に悩まされ、昨年10月に改造を決断。右足を90度に曲げ、スムーズに踏み出す新フォームで、今季の2軍戦では自己最速の151キロをマークした。

 クライマックスシリーズ進出へ激戦を演じるヤクルト。俳優、竹野内豊(47)似の若武者が初勝利を挙げれば、チームは確実に勢いに乗る。 (長崎右)

高橋 奎二(たかはし・けいじ)

 1997(平成9)年5月14日生まれ、21歳。京都府出身。龍谷大平安高では2年春にセンバツ優勝を果たすなど甲子園に3度出場。2016年ドラフト3位でヤクルト入団。1軍登板はなく、イースタン・リーグでは今季17試合に登板し、8勝6敗、防御率3・51(3日現在)。1メートル78、73キロ。左投げ左打ち。独身。年俸580万円。背番号47。

  • 高々と足を上げていた2017年7月の高橋
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. ヤクルト3年目・高橋、“脱ライアン”でプロ1勝だ!