2018.9.4 05:05(1/3ページ)

根尾、侍デビューで人生初サイクル安打!香港圧倒26点発進/U18アジア

根尾、侍デビューで人生初サイクル安打!香港圧倒26点発進/U18アジア

特集:
U18アジア選手権
二回、木製バットでは自身初の本塁打を放つ根尾。衝撃のサイクル安打でド肝を抜いた(撮影・水島啓輔)

二回、木製バットでは自身初の本塁打を放つ根尾。衝撃のサイクル安打でド肝を抜いた(撮影・水島啓輔)【拡大】

 U18アジア選手権(3日、日本26-0香港=五回規定によりコールド、サンマリン宮崎)衝撃の発進! 7カ国・地域が参加して開幕し、1次リーグA組の高校日本代表は初戦で香港を26-0の五回コールドで下した。5番の根尾昂内野手(3年)=大阪桐蔭=は豪快弾など野球人生初のサイクル安打&1試合5安打をマークし、4番の藤原恭大外野手(3年)=同=もビックリの鮮烈デビュー。最強大阪桐蔭コンビが、日本を大会初の連覇に導く!!

 アジアに「NEO」の名をとどろかせた。世代代表デビュー戦で、根尾が衝撃のサイクル安打を達成! 球史に残す偉業は、史上初となる2度目の甲子園春夏連覇だけじゃない。大会史上初の連覇に向けて、19安打26得点の最高発進だ。

 「(サイクルへの)自覚はありました。(第4打席は)二塁打になるか分からなかったですが、とにかく打とうと思って打席に入りました」

 二回に三塁の横を破る先制三塁打。一回に三者凡退に終わった打線に火をつけると、2打席目は高校通算31号、木製バットで自身初アーチを右翼席中段へ。宮崎のファンを沸かせたが、見せ所はここからだった。

 3打席目は二死二塁から中前適時打を放ち、1イニング3安打でサイクルにリーチ。この回13安打19得点の猛攻の中心となり「(サイクル)いけるかな」と狙っていた。

 迎えた三回。大阪桐蔭伝統の「一打二進」で決めた。左前への適時打を好走塁で二塁打とし、自身初の快挙を達成。四回にも左越え二塁打で、こちらも初の5安打だ。第4打席以外はすべて初球を仕留める集中力。ネット裏のプロ11球団のスカウト陣をうならせた。

【続きを読む】

  • 香港戦の2回、根尾が先制三塁打を放つ=サンマリン宮崎
  • 香港戦の2回、根尾が中前に適時打を放つ=サンマリン宮崎
  • 香港戦の3回、適時二塁打を放ち、一塁を回る根尾。サイクル安打を達成した=サンマリン宮崎
  • U18アジア選手権・1次リーグA組勝敗表
  • U18アジア選手権・1次リーグB組勝敗表
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 根尾、侍デビューで人生初サイクル安打!香港圧倒26点発進/U18アジア