2018.9.4 05:04(1/2ページ)

続投示唆一転…中日・白井オーナー、森監督の来季は「星雲状態」

続投示唆一転…中日・白井オーナー、森監督の来季は「星雲状態」

7月11日、オーナー会議に出席したときの白井オーナー。当時は森監督続投を示唆していた

7月11日、オーナー会議に出席したときの白井オーナー。当時は森監督続投を示唆していた【拡大】

 中日・白井文吾オーナー(90)=中日新聞社会長=が3日、愛知県内で取材に応じ、今季が3年契約2年目の森繁和監督(63)の来季について「まだ考えていない」と去就が白紙になったことを明らかにした。総帥はこれまで同監督の続投を示唆してきたが、前日2日の巨人戦(ナゴヤドーム)に敗れて自力によるクライマックスシリーズ(CS)出場の可能性が消滅。「まだ星雲状態です」と発言のトーンが変わった。

 続投から一転、白紙に。竜の自力CS進出の可能性が消滅して一夜明けたこの日、取材に応じた白井オーナーは、森監督の力量を再検証することを明かした。

 「いろいろ、みんな言ってくる。これからだね。まだ星雲状態です」

 「星雲」とは宇宙空間に散らばっている塵やガスを指す。つまり、森監督を来季も続投させるべきか否か-は、周囲の意見もバラバラで、混沌としているというわけだ。

 3位・巨人と5・5ゲーム差の最下位。リリーフ陣の崩壊が低迷している理由のひとつだが、他に問題はないのか。白井オーナー自身も、森采配を疑問視する周囲の声に耳を傾けている。

【続きを読む】

  • 3年契約で今季が2年目の森監督。最下位に低迷し、その表情は厳しい
  • サンスポ大阪2018年(平成30年)7月19日付紙面
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 中日
  5. 続投示唆一転…中日・白井オーナー、森監督の来季は「星雲状態」