2018.9.4 10:00(1/4ページ)

【ワンス・アポン・ア・タイム】ブーマー(1)阪急で私は浮いていた

【ワンス・アポン・ア・タイム】

ブーマー(1)阪急で私は浮いていた

特集:
ワンス・アポン・ア・タイム
ビールかけでの恩師・上田監督(右)とのワンシーン。ブーマー氏にとってお気に入りの写真という(本人提供写真)

ビールかけでの恩師・上田監督(右)とのワンシーン。ブーマー氏にとってお気に入りの写真という(本人提供写真)【拡大】

 毎週火曜日に旬な話題をお届けする新企画「サンスポ火曜ワイドスペシャル」。9月からは「ワンス・アポン・ア・タイム~昔々の物語」の第2弾、ブーマー・ウェルズ氏(64)編を全4回で連載します。阪急などで通算277本塁打を放ち、1984年にはNPB外国人選手史上初の三冠王に輝いたブーマー氏に、当時の思い出や秘話をたっぷりと語ってもらいました。(聞き手=丹羽政善通信員)

 今年7月に3年ぶりに日本へ行ったけど、暑かったね(笑)。引退後も時々、訪れているけど、いろいろあって心のリセットが必要な時、行きたくなるのが日本なんだ。日本に行くと落ち着く。日本での10年が素晴らしかったからだ。

 生涯の友人も出来た。山田(久志)さんに、福本(豊)さんに…名前を挙げたらきりがない。彼らはみんな本当の意味でチームメートだった。

 1983年に阪急に入団したんだが、最初、私は浮いていた(笑)。野球は楽しむものと思っているんだけど、最初の春季キャンプでアップの時にジョークを飛ばしていたら、みんながこっちを見ていた。「監督に怒られるぞ」と耳打ちしてくれる選手も。カルチャーショックを受けたね。

 ツインズにいた頃、スカウトのチャーリー・マニエルから「日本の野球は違う」とは聞いていたけど、根本のところで異なっていたんだ。日本の選手たちは、野球を仕事だと感じている。だから練習中に「笑っちゃいけない」と言われた。それじゃあ、野球が楽しくなくなってしまう。

【続きを読む】

  • グラウンドで牛とも“共演”したブーマー氏(右)(本人提供写真)
  • ブーマー・ウェルズ
  • 懐かしそうに当時を振り返るブーマー氏(撮影・丹羽政善通信員)
  • ブーマーの年度別打撃成績
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. 【ワンス・アポン・ア・タイム】ブーマー(1)阪急で私は浮いていた