2018.9.3 05:04(1/2ページ)

日本投手初!マー君、メジャーデビューから5年連続10勝

日本投手初!マー君、メジャーデビューから5年連続10勝

特集:
田中将大
10勝目を挙げた田中は、両手で“10”を示し、白い歯をみせた (共同)

10勝目を挙げた田中は、両手で“10”を示し、白い歯をみせた (共同)【拡大】

 ヤンキース2-1タイガース(1日=日本時間2日、ニューヨーク)米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手(29)はタイガース戦に先発し、7回7安打1失点、6三振1四球で10勝目(5敗)を挙げた。チームは2-1で勝った。日本投手ではドジャースとヤンキースでプレーした黒田博樹以来、2人目の5年連続2桁勝利とした。メジャーデビューからの5年連続は、自身の日本投手最長記録を更新。プロ野球楽天時代を含めると10勝以上は10年連続となった。

 正念場は、一回から訪れた。先頭打者は三遊間深くへの内野安打、2番打者の打ち損じの捕ゴロも安打に。3番打者のハーフライナーは、遊撃手のグラブの先をわずかに越えて左前に落ちた。無死満塁。田中は自問自答しながら、ピンチに立ち向かった。

 「本当に野球の神様はいきなり試練を与えてくれるな、と思った。宿題を出された。『ちゃんと勉強してきたか』といわれている気がして…」

 不運な内野安打で満塁のピンチを招くのは5日前と同じだった。その時は3失点。「力んで制球が甘くなった」ことが原因で勝てなかった。今回は、左犠飛で先制点こそ与えてしまうが、後続を打ち取り、立ち上がりの大ピンチは最少失点で踏ん張った。相手を分析しながら、バランスのいい投球フォームを徹底的に心がけた。反省を生かし、“宿題”に回答した。

 さらに2-1の七回無死二、三塁では、一ゴロと2者連続空振り三振に仕留めた。「真っすぐをいっておかないと後々、後悔する」と言うように、変化球に頼り過ぎた前回の反省を、ヤマ場でも生かした。接戦を七回までゲームメークし、4万2816観衆からは大歓声を浴びた。

【続きを読む】

  • タイガース戦で先発し、7回を1失点で10勝目を挙げたヤンキース・田中=ニューヨーク(共同)
  • タイガース戦で先発し、7回を1失点で10勝目を挙げたヤンキース・田中=ニューヨーク(共同)
  • タイガース戦で先発し、7回を1失点で10勝目を挙げたヤンキース・田中=ニューヨーク(AP)
  • ヤンキース・田中将大が6試合ぶりとなる白星!!
  • 田中将大の年度別登板成績
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 日本投手初!マー君、メジャーデビューから5年連続10勝