2018.9.2 18:00(3/4ページ)

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】迷走阪神は風雲急! Bクラス転落なら金本監督の希望するコーチ陣全員残留は夢の彼方に…

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】

迷走阪神は風雲急! Bクラス転落なら金本監督の希望するコーチ陣全員残留は夢の彼方に…

特集:
「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記
金本監督(左)と片岡ヘッド兼打撃コーチ

金本監督(左)と片岡ヘッド兼打撃コーチ【拡大】

 関係者によると、現時点でも金本監督はコーチをそのまま全員、残留させたい意向の様子で、大きな変化を望んでいないというのです。特に注目なのは打撃不振やベンチワークの点で周囲から批判の声が出ている片岡コーチについても代える考えはみせていない、というのです。

 こうした情報を裏読みする関係者もいます。

 「片岡コーチや矢野2軍監督は監督自身が強く要望して招聘した人材。その一人を斬るとなると、監督自身が周囲から“なんだ自分だけ残って…”と言われる。自分が見込んだ人材がアテ外れだったことを示すことにもなり、人を見る目を疑われる。だから外したいコーチがいても外せないのではないか」とは阪神OBの言葉です。

 色々な事情が絡むのでしょうが、チームがAクラスに入り、CSに出場したのなら、こうした金本監督の意向はスンナリと球団に受け容れられるかもしれません。

 しかし、Bクラス転落となれば事情は一気に変わります。すでに阪神電鉄本社の首脳は球界関係者や阪神OBの複数人と接触し、場合によっては会食の場を設けていますね。

 今の金本阪神がどうして成績不振なのか、どうして念願の若手育成が遅々として進まないのか…を客観的に調査しているのです。その調査結果はどこで具体的な現象として出てくるのか。

 「阪神OB以外の人とも会って話を聞いているそうだ。金本監督の采配や選手起用、今のコーチ陣の指導能力などを情実のからまない人達からリサーチしているのだろう。当然ながら、成績不振のまま終われば、調査結果が人事に結びつくことになるよね」とは球界関係者の話です。

【続きを読む】

  • 苦しい戦いが続く金本監督(左)と片岡ヘッド兼打撃コーチ
  • 選手交代を告げる金本監督
  • 1日のDeNA戦に勝ち、笑顔の金本監督。残り試合でどこまで白星を重ねられるか
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】迷走阪神は風雲急! Bクラス転落なら金本監督の希望するコーチ陣全員残留は夢の彼方に…