2018.9.2 14:50

中日・松坂、2回7失点で降板 巨人戦に先発

中日・松坂、2回7失点で降板 巨人戦に先発

1回、巨人・岡本に先制の3点本塁打を浴びた中日・松坂=ナゴヤドーム(撮影・林俊志)

1回、巨人・岡本に先制の3点本塁打を浴びた中日・松坂=ナゴヤドーム(撮影・林俊志)【拡大】

 (セ・リーグ、中日-巨人、23回戦、2日、ナゴヤD)中日・松坂大輔投手(37)が本拠地での巨人戦に先発登板した。

 松坂は一回、1番・坂本勇に二塁打、2番・重信に右前打と連打を許すなどして一死二、三塁のピンチを作る。すると4番・岡本には2球目の直球を捉えられ、中越え3ランを浴び、いきなり3失点となった。

 二回は、二死走者なしから2番・重信に左翼スタンドへ飛び込むソロ本塁打を被弾。さらに二死二塁とすると、4番・岡本に左翼フェンス直撃の適時二塁打、5番・亀井に中前適時打、6番・ゲレーロにも左翼線適時二塁打を許し、5連打を食らい、4点を失った。

 松坂は二回裏の攻撃で打席が回った際に、代打で堂上が送られて試合から退いた。投球内容は、2回を61球、9安打7失点で防御率は3.93。移籍後では最多の7失点を喫し、負傷降板を除けば、今季最短でマウンドを降りた。

試合結果へ

  • 1回、巨人・岡本に先制の3点本塁打を浴びた中日・松坂=ナゴヤドーム(撮影・林俊志)
  • 先発の中日・松坂=ナゴヤドーム(撮影・林俊志)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 中日
  5. 中日・松坂、2回7失点で降板 巨人戦に先発