2018.8.31 23:18

ヤクルト・山田哲、30盗塁「目標にしていた」 七回の二盗は「行くと決めていた」

ヤクルト・山田哲、30盗塁「目標にしていた」 七回の二盗は「行くと決めていた」

特集:
山田哲人
7回、盗塁するヤクルト・山田哲=神宮球場(撮影・田村亮介)

7回、盗塁するヤクルト・山田哲=神宮球場(撮影・田村亮介)【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト5-6広島=延長十回、19回戦、広島14勝5敗、31日、神宮)七回に二盗を決め、30盗塁に到達したヤクルトの山田哲は「30盗塁は目標にしていたので良かった」と話したものの、チームが逆転負けして表情はさえなかった。

 青木の本塁打で3点を勝ち越した直後に左前打で出塁した。盗塁を警戒する広島の野村から再三、けん制されたが、本拠地神宮でわき起こった「走れ!走れ!山田」の大歓声に奮起。「行くと決めていた」という2球目で悠々と二盗に成功。二塁上では表情を変えなかった。これで30本塁打に続いて節目の数字をクリアした。

小川監督(救援陣に)「後ろの投手はみんな登板過多になっている」

青木(七回に7号3ラン)「打者有利なカウントだったので、甘い球を思い切りいこうと思った」

石山(味方の失策も絡み、九回に抑え失敗)「(4日連続の登板だったが)それが仕事なので。先頭打者を出したのがもったいなかった。出したくない走者だった」

試合結果へ

  • 7回、西浦の右適時打で生還したヤクルト・山田哲はベンチ前でナインとタッチを交わす=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 7回、安打で出塁するヤクルト・山田哲=神宮球場(撮影・田村亮介)
  • 試合前、つば九郎とタッチを交わすヤクルト・山田哲=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. ヤクルト・山田哲、30盗塁「目標にしていた」 七回の二盗は「行くと決めていた」