2018.8.31 05:04(2/2ページ)

ヤクルト、5連勝で巨人に3・5差!山中1勝 最速125キロ遅球で阪神を手玉

ヤクルト、5連勝で巨人に3・5差!山中1勝 最速125キロ遅球で阪神を手玉

9回二死二塁、ヤクルト・坂口が左中間に適時二塁打を放つ。投手桑原=甲子園

9回二死二塁、ヤクルト・坂口が左中間に適時二塁打を放つ。投手桑原=甲子園【拡大】

 今季は2軍暮らしが続いても、気持ちは切らさなかった。「やれることはやる」。シンプルな思考を持った。「トレーニングをやり切ったことがきょうのパフォーマンスにつながった」。瞬発系のトレーニングを欠かさず行い、食事面でも油分の多いマヨネーズや、炭酸飲料を控え、タンパク質の多い豆腐料理を多く摂取するようにした。

 この日は小川監督の61歳の誕生日。「投げるチャンスをくれた監督に感謝したい」と語っていた右腕が“満点快投”で応えた。指揮官は「山中につきる。よく粘って投げてくれた。古野もそうだけど、そういう(ローテの谷間の)投手に勝ちがつけば、連勝することができる。大きな1勝になった」と、満足げだ。

 今季6度目の同一カード3連戦3連勝で、5連勝。3位・巨人には3・5ゲーム差、4位・阪神には5・5ゲーム差をつけた。「一試合一試合負けられない戦いが続くので、一戦必勝の気持ちでやっていく」と山中。31日からは本拠地・神宮に帰って首位・広島と3連戦。鯉の独走を許さないためにも、食い下がる。 (横山尚杜)

データBOX

 ヤクルトが阪神3連戦3連勝。同一カード3連戦3連勝は7月24-26日の巨人戦(倉敷、京セラ)に次いで今季6度目。阪神戦3連戦3連勝は2016年8月26-28日(甲子園)以来2年ぶり。セ5球団のなかでは広島戦が12年9月17-19日(マツダ)にマークして以降なしと、最も遠ざかっている。31日からの広島戦で、6年ぶりの同カード3連戦3連勝を目指す。

山中 浩史(やまなか・ひろふみ)

 1985(昭和60)年9月9日生まれ、32歳。熊本県出身。必由館高から九州東海大(現在は東海大に統合)、ホンダ熊本を経て2013年ドラフト6位でソフトバンク入団。14年途中にトレードでヤクルトへ移籍。今季成績は10試合に登板、1勝0敗、防御率4.11。通算成績は81試合に登板、15勝22敗、防御率4.19(30日現在)。1メートル75、82キロ。右投げ右打ち。既婚。年俸3200万円。背番号68。

試合結果へ

  • 本当に地面すれすれから投げ込む山中(撮影・岡田茂)
  • 9回、投球するヤクルト・石山=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  • ボールを手にポーズを決めるヤクルト・山中=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  • 7回、適時打を放つヤクルト・青木=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • 5回一死一、三塁、ヤクルト・坂口が先制の中犠飛を放つ=甲子園
  • 先発のヤクルト・山中=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. ヤクルト、5連勝で巨人に3・5差!山中1勝 最速125キロ遅球で阪神を手玉