2018.8.31 17:53

ロッテ・石川がイースタンで実戦登板、9月中旬にも復帰へ

ロッテ・石川がイースタンで実戦登板、9月中旬にも復帰へ

 出場選手登録を抹消されているロッテの石川歩投手(30)が31日、イースタン・リーグ巨人戦(ZOZOマリン)で離脱後初の実戦マウンドに立った。

 六回から2番手で登板し、先頭打者には内野安打1本を許したが、その後は最速149キロの直球に変化球を織り交ぜ捕邪飛、中飛、二ゴロと1イニングを無失点に抑え「腕が振れていた? まあそんな感じです」という短い言葉に実感がこもった。

 7月31日の日本ハム戦(釧路)で1回もたず10失点KO。「肩に力が入らない」と訴え出場選手登録を抹消された。さらに調整中に右足を捻挫し復帰が大幅に遅れていた。この日はナイターの日本ハム戦前に1軍の首脳陣も視察。小林投手コーチは「きょうは投げたというだけ。まだ走れていないので体力が戻っていない。次回は3イニング、その次に5イニング投げてどうか。そこで状態をみてから1軍に上がるからどうか判断します」と再昇格へのスケジュールを明かした。

 チームは4位でクライマックスシリーズ進出の可能性は残しているが、9月15日からは10連戦と厳しい日程も控えている。6日には同じく再調整中の涌井も復帰予定だが、井口監督は「石川はしっかり投げていた。あとは回数を伸ばして。連戦には帰ってきてもらわないと。ローテーションの投手がいないので困りますよ」と早期復帰を願った。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ロッテ
  5. ロッテ・石川がイースタンで実戦登板、9月中旬にも復帰へ