2018.8.31 05:02

ロッテ・井口監督が来季続投!3年契約の2年目、若手の育成評価

ロッテ・井口監督が来季続投!3年契約の2年目、若手の育成評価

 ロッテが井口資仁監督(43)の来季続投を決めたことが30日、分かった。来季は3年契約の2年目となる。

 ロッテは同日時点で、112試合を終えて52勝57敗3分けの4位。3位の日本ハムに6・5ゲーム差をつけられているが、球団幹部は「もちろん来年もやってもらいます。100盗塁など足を使った攻撃をはじめ、井口監督がやろうとしていることは実現し、目指すチームに近づいている」と評価した。さらに4番に定着した井上晴哉内野手(29)が19本塁打を放ち、4年目の中村奨吾内野手(26)は30盗塁を記録。新人の藤岡裕大内野手(25)が開幕からスタメン出場するほか、3年目の平沢大河内野手(20)らも出場機会を増やしている。井口監督は「1年目は土台づくりをしたい」と話すように若手を多く起用しており、球団幹部は「実力を発揮する選手が増え、自信が培われつつある」と、チームが活性化されていることにも言及した。

 すでに来季の補強案についても協議するなど、チーム作りにも着手。31日からの日本ハムとの対決でクライマックスシリーズ進出を目指すとともに、来季に向けた動きも始まっている。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ロッテ
  5. ロッテ・井口監督が来季続投!3年契約の2年目、若手の育成評価