2018.8.31 13:00(2/3ページ)

【球界ここだけの話(1378)】巨人・山口鉄、1軍への思い 杉内と内海の姿を励みに目指すあのマウンド

【球界ここだけの話(1378)】

巨人・山口鉄、1軍への思い 杉内と内海の姿を励みに目指すあのマウンド

特集:
サンスポ記者の球界ここだけの話
巨人・山口鉄

巨人・山口鉄【拡大】

 そしてもう一人。1歳上の内海だ。オフシーズンの自主トレを共に行うなど、公私ともに親交の深い先輩。開幕は2軍ながら、結果を残し、前半戦で先発ローテーション入りの切符をつかんだ内海の存在も、山口鉄にとってはとても大きい。

 「ずっと一緒にやらせてもらっていて、公私ともにお世話になっている先輩。苦しんでいる時期でも苦しんでいる姿は見せないで、いつもと変わらない姿勢で取り組んでいるのを見ている。だから、1軍で投げている姿というのは励みになります」

 7月31日、DeNA戦。内海は、自身4年ぶりの完封勝利を挙げた。内海も、背水の覚悟で臨んでいる今季。がむしゃらに1軍で投げている先輩の姿を見て、山口鉄が奮い立たないはずがなかった。内海は言う。

 「(ファームでは)弱音ばかり吐いていた。『しんどいな』と言っていたけど、俺が(1軍に)上がってきて、完封を見て、(山口鉄が)『本当に1軍に上がりたくなりました』と言っていた。それが聞けてよかった。もがいていると思うし、俺ももがいていた。でも、打破するのは自分自身だから」

 かつては、先発と中継ぎの柱としてチームを支えていた2人。だからこそ、もう一花咲かせたい。もう一度、同じ1軍の舞台でプレーしたいという思いはある。

 内海 「ぐっさん(山口鉄)のことばかり考えている。自分も他の人のことは考えられない状況だけど、ぐっさん(山口鉄)と一緒に投げたいと思ってやっている。僕も今か、今かと待ちわびていますし、(山口鉄が1軍に)呼ばれたときに、自分も1軍にいられるようにしたい」

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 【球界ここだけの話(1378)】巨人・山口鉄、1軍への思い 杉内と内海の姿を励みに目指すあのマウンド