2018.8.31 13:00(1/3ページ)

【球界ここだけの話(1378)】巨人・山口鉄、1軍への思い 杉内と内海の姿を励みに目指すあのマウンド

【球界ここだけの話(1378)】

巨人・山口鉄、1軍への思い 杉内と内海の姿を励みに目指すあのマウンド

特集:
サンスポ記者の球界ここだけの話
巨人・山口鉄

巨人・山口鉄【拡大】

 巨人の背番号47の姿は、2軍にあった。今年、プロ13年目を迎えた山口鉄也投手(35)は現在、照りつける太陽の下、必死に汗を流している。

 「最近は痛みもなく投げられているから、楽しい。野球ができる幸せを日々感じて、1軍を目指して頑張っています」

 今春のキャンプ。山口鉄は2軍スタートだった。昨季は18試合の登板にとどまり、自身が持つプロ野球記録である、連続60試合登板も「9年」でストップ。今季はまた新たな気持ちで、再スタートを切る。はずだった…。

 「今年のキャンプはすごく順調にきていたけど、終盤にけがをして、リハビリをして。また違うところを痛めて、3回ぐらい違う個所を痛めて、リハビリ生活を続けていました。投げては痛めて、気持ち的にも年齢もあるのかなと感じた」

 度重なるけが。治りかけても、また別の個所が痛む。一進一退の日々が続いた。3軍も経験した。「いままで痛めていないところを痛めたり、自分でもなんでこんなところ? というのはあった。年齢もあるし、今までの疲れもでているのかなと思う」と振り返るが、マウンドに上がれない悔しさ、もどかしさはあっただろう。そして今季、1軍での登板がない左腕の胸のうちには、きっと複雑な思いがあるはずだ。

 それでも目指す、険しい「1軍」への道。そんな山口鉄の道しるべとなっているのが、2人の先輩だ。まずは3歳上の杉内。2015年に右股関節の手術を受けた通算142勝左腕は、現在も復帰に向けてリハビリ中だ。自身よりも長いトンネルを歩く先輩を見て、「ずっとリハビリをやっていて、辛いという姿を見せない。ひたむきにリハビリに励んでいる。自分もけがをして、リハビリをしているときに励みになりました」とその前向きな姿に、逆に励まされた。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 【球界ここだけの話(1378)】巨人・山口鉄、1軍への思い 杉内と内海の姿を励みに目指すあのマウンド