2018.8.31 22:46

日本ハム・レアード、久々の一発「フラストレーションがたまっていた」

日本ハム・レアード、久々の一発「フラストレーションがたまっていた」

ヒーローインタビュー後、観客に挨拶する日本ハム・レアード =ZOZOマリンスタジアム(撮影・加藤圭祐)

ヒーローインタビュー後、観客に挨拶する日本ハム・レアード =ZOZOマリンスタジアム(撮影・加藤圭祐)【拡大】

 (パ・リーグ、ロッテ2-7日本ハム、21回戦、日本ハム11勝9敗1分、31日、ゾゾマリン)日本ハムのレアードが3日以来となる24号3ランで勝利を呼んだ。1-0の一回1死一、三塁で、甘く入ったフォークボールを左中間席へ運んだ。この回一挙6点の攻撃につなげ「いい攻撃ができていた。その流れを切らさないようにと思った」と胸を張った。

 状態は悪くなかったが、なかなか本塁打が出ず「打ち損じが多かったので、フラストレーションがたまっていた」と言う。久々の快音に「これをきっかけにしたい。9月を楽しみたい」と話した。

栗山監督(一回に6点を先制し)「誰が(良かった)ということではなくて、みんなで何とかしようとしている」

清宮(3試合ぶりに放った六回の安打よりも一回に選んだ四球に手応えを感じている様子で)「本塁打の後につなげられて、試合の中で大きかった」

試合結果へ

  • 1回、3点本塁打を放つ日本ハム・レアード=ZOZOマリンスタジアム(撮影・加藤圭祐)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. 日本ハム・レアード、久々の一発「フラストレーションがたまっていた」