2018.8.31 05:01

オリ・中島、スタメン三塁で4安打「ワクワクしながらやっていた」

オリ・中島、スタメン三塁で4安打「ワクワクしながらやっていた」

1回、勝ち越しの適時二塁打を放つオリックス・中島=京セラドーム大阪(撮影・林俊志)

1回、勝ち越しの適時二塁打を放つオリックス・中島=京セラドーム大阪(撮影・林俊志)【拡大】

 (パ・リーグ、オリックス6-1日本ハム、19回戦、日本ハム10勝9敗、30日、京セラ)ベテランのバットがチームの窮地を救った。オリックス・中島が決勝打を含む今季初の4安打。5月3日の西武戦(京セラ)以来となる三塁での先発起用に応えた。

 「きょうサードと言われて、ワクワクしながらやっていた」

 試合後は満面の笑み。6月下旬に負傷した左足の状態を考慮され、指名打者や代打での出場が続いていたが、久しぶりの先発出場に奮起。1-1の同点とし、なおも一死一、二塁で左翼線に勝ち越しの適時二塁打。「逆転するのと同点では違うから」とうなずいた。

 福良監督も「ナカジ(中島)がいいところで本当にいい安打を打ってくれた」と感謝。ただ、自力でのクライマックスシリーズ進出の可能性が消滅する危機はつきまとっており、中島も「勝たな、おもろないしね。残り試合も少ないし、常に何かしらで出たい」とチームの勝利に貢献することを誓った。 (西垣戸理大)

試合結果へ

  • 5回、右前適時打を放ったオリックス・T-岡田(岡田貴弘)=京セラドーム大阪(撮影・林俊志)
  • 1回、同点の右犠飛を放つオリックス・ロメロ=京セラドーム大阪(撮影・林俊志)
  • 先発のオリックス・山岡=京セラドーム大阪(撮影・林俊志)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. オリ・中島、スタメン三塁で4安打「ワクワクしながらやっていた」