2018.8.30 05:04(1/2ページ)

獅子の底力で逆転サヨナラ!西武、今季7度目劇勝で最短9・2にM19点灯

獅子の底力で逆転サヨナラ!西武、今季7度目劇勝で最短9・2にM19点灯

大宮に歓喜の輪が広がった。サヨナラ打を放った山川は左手を挙げてナインにアピール!?(撮影・蔵賢斗)

大宮に歓喜の輪が広がった。サヨナラ打を放った山川は左手を挙げてナインにアピール!?(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 (パ・リーグ、西武5x-4楽天、22回戦、西武16勝6敗、29日、大宮)パ・リーグ首位の西武は29日、楽天22回戦(大宮公園)に5-4で今季7度目のサヨナラ勝ちを飾った。2点を追う九回に“新2番”の秋山翔吾外野手(30)が同点の右前2点打、4番・山川穂高内野手(26)が右中間に今季2度目のサヨナラ打を放ち、試合を決めた。負ければ2位・ソフトバンクに再び5ゲーム差に迫られる状況で連夜の逆転勝ち。勢いを取り戻した獅子が、リーグ優勝へ一気にギアを上げる。

 一塁ベースを回った山川が、右拳を突き上げた。

 「2回振って当たらなくて帰りたかった。当たったのは超まぐれです」

 殊勲の主砲は、お立ち台でジョークを飛ばし、レオ党と劇的勝利の味をかみしめた。

 2点を追う九回、恐怖の「獅子おどし打線」が楽天の守護神・ハーマンに襲いかかった。一死から代打・栗山が中越え二塁打で出塁すると、前日28日からの新オーダー「1番・源田、2番・秋山」が機能。源田が四球を選んでチャンスを広げると、秋山が「ファウルを打ちながら合ってきた。抜けてよかった」と右前に2点打を放ち、まず同点に追いついた。

【続きを読む】

  • 九回、同点となる二点適時打を放つ西武・秋山翔吾=県営大宮球場(撮影・蔵賢斗)
  • 西武・今季のサヨナラ勝ち試合
  • 九回、サヨナラの適時打を放ちガッツポーズする西武・山川穂高=県営大宮球場(撮影・蔵賢斗)
  • 9回、同点となる2点適時打を放った西武・秋山=県営大宮球場(撮影・蔵賢斗)
  • 回、山川の適時打でサヨナラ勝ちし喜び合う西武ナイン=県営大宮球場(撮影・蔵賢斗)
  • 9回、山川穂高の適時打でサヨナラ勝ちし喜び合う西武ナイン=県営大宮球場(撮影・蔵賢斗)
  • お立ち台にあがる西武・山川=県営大宮球場(撮影・蔵賢斗)
  • 楽天戦に先発した西武・榎田=大宮公園
  • 3回、楽天に先制を許した西武・榎田=県営大宮球場(撮影・蔵賢斗)
  • 4回、安打を放つ西武・外崎=県営大宮球場(撮影・蔵賢斗)
  • 5回、源田(左)とタッチしてベンチに戻る西武・榎田=県営大宮球場(撮影・蔵賢斗)
  • 6回、適時打を放つ西武・森=県営大宮球場(撮影・蔵賢斗)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 獅子の底力で逆転サヨナラ!西武、今季7度目劇勝で最短9・2にM19点灯