2018.8.30 05:02

報徳学園・小園、2安打!昨年の“戦友”磯村撃ち/U18アジア

報徳学園・小園、2安打!昨年の“戦友”磯村撃ち/U18アジア

特集:
U18アジア選手権
適時打を放つ侍ジャパンU18日本代表・小園海斗=都内近郊のグラウンド(撮影・加藤圭祐)

適時打を放つ侍ジャパンU18日本代表・小園海斗=都内近郊のグラウンド(撮影・加藤圭祐)【拡大】

 高校野球・日本代表合宿第5日(29日、東京都内)野球のU18(18歳以下)アジア選手権(9月3日開幕、宮崎)に出場する高校日本代表は、明大との練習試合に4-4で引き分けた。

 プロ注目の遊撃手、報徳学園(兵庫)の小園海斗内野手(3年)は、明大との練習試合に3番で先発出場し、2安打を放つなど存在感を見せた。

 「絶対に打ちたいという気持ちがあった。そういう気持ちを忘れずに打席に立ちました」

 主力級をそろえた名門を相手に価値ある引き分け。小園は“侍の先輩”撃ちの2安打1打点に息を弾ませた。

 昨年のU18W杯(カナダ)をともに戦った2番手・磯村峻平投手(1年)を攻略した。代わったばかりの四回先頭で中前打を浴びせ、4-2の五回二死二塁では12球目を右前に運び、1点差に迫る適時打とした。

 前日28日の大学日本代表戦(神宮)ではチーム1号をマーク。この日も木製バットへの対応力を示した。「先輩たちにもいい報告ができるように絶対に優勝したい」。確かな自信を手に、アジアの頂点を目指す。 (須藤佳裕)

四回に左越え適時二塁打を放つなど、2安打の木更津総合・野尻「きのうは欲が出てスイングが大きくなってしまったので、原点に戻り逆方向を意識したことで結果が出た」

試合日程へ代表メンバーへ

  • 高校野球・今後の主な日程
  • 高校日本代表・U18アジア選手権日程
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 報徳学園・小園、2安打!昨年の“戦友”磯村撃ち/U18アジア