2018.8.30 21:30

清宮、4打数無安打2三振…日本ハムはオリックスに逆転負け

清宮、4打数無安打2三振…日本ハムはオリックスに逆転負け

特集:
2018新人情報
清宮幸太郎
7回、日本ハム・清宮は空振り三振に倒れる=京セラドーム大阪(撮影・林俊志)

7回、日本ハム・清宮は空振り三振に倒れる=京セラドーム大阪(撮影・林俊志)【拡大】

 (パ・リーグ、オリックス6-1日本ハム、19回戦、日本ハム10勝9敗、30日、京セラ)日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(19)=早実高=が、「6番・DH」で先発出場。4打数無安打に終わった。ニゴロ、投ゴロ併殺打、空振り三振、空振り三振で、打率は.222となった。

 試合は日本ハムが一回一死一、三塁から、中田が右前に運ぶ適時打を放ち1点を先制。オリックスもその裏、日本ハムの先発・村田の立ち上がりを攻め、ロメロの犠飛で追いつくと中島、安達の連続適時打で勝ち越し。村田は一回もたずに降板した。オリックスは五回にもT-岡田の適時打などで3点を追加し、そのまま逃げ切り勝ち。オリックス先発の山中が5勝目(10敗)を挙げた。

試合結果へ

  • 4回、併殺打に倒れた日本ハム・清宮=京セラドーム大阪(撮影・林俊志)
  • 1回、内野ゴロに倒れた日本ハム・清宮=京セラドーム大阪(撮影・林俊志)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. 清宮、4打数無安打2三振…日本ハムはオリックスに逆転負け