2018.8.30 08:40

船越が逆転の2点打「冷静にボールを見ることができた」

船越が逆転の2点打「冷静にボールを見ることができた」

台湾に勝利し、喜ぶ捕手船越と水流の日本バッテリー=ビエラ(ゲッティ=共同)

台湾に勝利し、喜ぶ捕手船越と水流の日本バッテリー=ビエラ(ゲッティ=共同)【拡大】

 女子野球のワールドカップ(W杯)は29日、フロリダ州ビエラで2次リーグ第2戦が行われ、6連覇を狙う日本は台湾に2-1で競り勝った。2次リーグは4勝0敗となり、1試合を残して1位が確定。31日の決勝進出を決めた。

 1次リーグB組1位の日本は、同A組1位で突破した強豪の台湾に逆転勝ちして決勝進出をつかんだ。1点を追う三回に死球と四球で好機を迎え、5番船越が中前に殊勲の2点適時打を放ち「冷静にボールを見ることができた」と落ち着いて対処した打席を振り返った。

 投げては四回無死一塁から登板した2番手の水流が好救援。4回を4安打無失点と粘って1点リードを守り切り「ランナーが出てもコントロールと変化球でしっかり抑えられた」と汗を拭った。

 小差の接戦を制し、橘田監督は「大変、苦しい戦いだった」と振り返った。6連覇へ向けミーティングで課題を確認する予定だ。(共同)

  • 台湾に勝利し、決勝進出を決め喜ぶ日本ナイン=ビエラ(ゲッティ=共同)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 野球その他
  4. 船越が逆転の2点打「冷静にボールを見ることができた」