2018.8.29 05:03(1/2ページ)

藤原&根尾を斬った!東洋大・甲斐野、出た158キロ「奇跡の1球かも」

藤原&根尾を斬った!東洋大・甲斐野、出た158キロ「奇跡の1球かも」

九回から登板し、158キロを計測した甲斐野。藤原、根尾を料理した(撮影・長尾みなみ)

九回から登板し、158キロを計測した甲斐野。藤原、根尾を料理した(撮影・長尾みなみ)【拡大】

 U18アジア選手権壮行試合(28日、大学日本代表7-3高校日本代表、神宮)このオフの補強ポイントとして即戦力投手が再考され、阪神のドラフト1位候補に急浮上した甲斐野央投手(4年)=東洋大=が大学日本代表の7番手として九回から登板し、1回無安打無失点の好投。最速158キロを計測し、高校生打線を子供扱いした。阪神は1位候補の高校日本代表の4番・藤原恭大外野手(3年)=大阪桐蔭=とともに熱視線を送っていく。

 きら星輝く高校生たちを力でねじ伏せた。今秋のドラフト1位候補右腕、甲斐野が神宮での自己最速となる158キロを計測した。

 「今まで(神宮球場で)出たことがなかった。3キロ上がってよかったです。奇跡の1球かもしれませんけど(笑)」

 これまではメジャー球団のスカウトのスピードガンで計測された159キロが最速で、神宮での表示は155キロがMAXだった。世間の耳目が集まった壮行試合でその力を証明した。

 今夏のヒーローたちを相手に燃えた。大阪桐蔭のV戦士、藤原、根尾と対戦。158キロは根尾への3球目でマークした。

 「(5番・蛭間を含めて)みんな雰囲気がありました。藤原くんは向かってくる感じ。根尾くんもいいバッターでした。蛭間くんにはフォークで三振を狙いましたが当てられました」

【続きを読む】

  • 根尾斬った
  • 藤原斬った
  • 先発の大学日本代表・田中=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 1回本塁打を放ち生還した頓宮(25)を出迎える大学日本代表ナイン=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 1回、2点本塁打を放つ大学日本代表・頓宮=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 1回、先制適時打を放つ大学日本代表・辰己=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 2番手の大学日本代表・清水=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 4回、大学日本代表・勝俣は左越えにソロ本塁打を放つ=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 4回、投球する大学日本代表・小島=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 高校日本代表に勝利し、ハイタッチをする大学日本代表のナイン=神宮球場(撮影・大橋純人)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 藤原&根尾を斬った!東洋大・甲斐野、出た158キロ「奇跡の1球かも」