2018.8.29 05:04(1/2ページ)

甲子エ~ン…借金『10』 阪神・金本監督「どうしても勝ちたかった」

甲子エ~ン…借金『10』 阪神・金本監督「どうしても勝ちたかった」

九回、戦況を見守る金本監督(右は片岡ヘッド)。甲子園での借金は10まで膨らんだ(撮影・山田喜貴)

九回、戦況を見守る金本監督(右は片岡ヘッド)。甲子園での借金は10まで膨らんだ(撮影・山田喜貴)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神0-1ヤクルト、17回戦、阪神10勝7敗、28日、甲子園)夏のロードを終え、33日ぶりに本拠地・甲子園に帰ってきた阪神はヤクルトに零封負け。小川に対して右打者を5人並べたオーダーが不発で2位に3・5差まで開いた。借金は7で、我が家であるはずの甲子園で、今季16勝26敗1分け、借金10の惨状。なんとかしてくれ!! 

 これはひどすぎる…。1点を追う九回一死一、三塁。一打同点、長打で逆転の場面で大山はインハイに詰まって遊飛。二死からここまで2安打の俊介も一飛に倒れ、ジ・エンド。甲子園で勝てない。夏のロード明けの本拠地。4万超の観衆の中、今季10度目の完封負け。駆けつけた虎党の期待を裏切った。

 「う~ん。(甲子園で)どうしても勝ちたかったけどね、ほんと…。外野フライ、1本打ってほしかったけどな」

 甲子園では今季43試合で16勝26敗1分け。ついに借金は2桁の10まで膨れ上がった。会見で金本監督は何度も「う~ん」といううなり声をあげ、疲労感をあらわにした。

 九回一死後、糸井の右翼線二塁打で風穴を空け、続く代打・原口も左前へ運んだ。指揮官は昇格したばかりの江越と植田の快足コンビを代走に次々と投入。サヨナラ勝ちへの道は作られていただけにダメージは大きい。

 この日のスタメンには昇格させたばかりの陽川、俊介ら右打者を並べた。「(右投手の)対小川という点では右(打者)の方が分がよかったんでね。期待しましたけどね、陽川とか大山とか」。試合前まで小川の対左被打率・248に対し、対右同・286。データに照らし合わせたものの攻略できず…。

【続きを読む】

  • 九回一死一、三塁でインハイに詰まって、遊飛の大山。犠飛が打てれば…(撮影・山田喜貴)
  • 33日ぶりに帰ってきた甲子園で完封負け。虎党は肩を落として帰路に就いた
  • 7回二塁打を放つ阪神・俊介=甲子園球場(撮影・門井聡)
  • 5回、ヤクルト・塩見の打球を処理するも二塁へ悪送球した阪神・岩貞=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  • 2回、安打を放つ阪神・俊介=甲子園球場(撮影・門井聡)
  • 1回、安打を放つ阪神・北條=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  • 先発の阪神・岩貞=甲子園球場(撮影・門井聡)
  • 試合前練習、練習に臨む阪神・陽川=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 甲子エ~ン…借金『10』 阪神・金本監督「どうしても勝ちたかった」