2018.8.29 05:04(1/2ページ)

頼れる“打点王”浅村が逆転V弾!西武、最短9・1にM20点灯

頼れる“打点王”浅村が逆転V弾!西武、最短9・1にM20点灯

浅村が七回に起死回生の逆転3ラン。主将の一打で連敗を止めた(撮影・蔵賢斗)

浅村が七回に起死回生の逆転3ラン。主将の一打で連敗を止めた(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 (パ・リーグ、西武6-5楽天、21回戦、西武15勝6敗、28日、前橋)西武は28日、楽天21回戦(上毛敷島)に6-5で逆転勝ちし、連敗を3で止めた。3点を追う七回に3連打で1点を返し、浅村栄斗内野手(27)が逆転の26号3ランを放った。ロッテ戦に敗れた2位ソフトバンクと6ゲーム差に広げ、最短で9月1日に優勝へのマジックナンバー「20」が点灯する。

 昨季王者の足音が迫るなか、レオ党に笑顔が戻った。七回無死一、三塁。浅村が則本の投じた154キロの直球を右中間席にたたき込んだ。

 「感触はよかった。多和田に迷惑をかけたので、なんとかしたい思いでした」

 意地の26号3ラン。1点リードの六回無死一塁の守備では、二塁悪送球でピンチを広げた主砲はベンチに戻り、安堵の表情だ。

 3安打で3打点も積み上げ、リーグ1位の102打点。打点王(110点)を獲得した2013年以来、5年ぶりの100打点に到達した。「そういうところ(主軸)で打たせてもらっている。これからも継続して一つでも多く勝たせられるような打点を挙げていきたい」と汗をぬぐった。

 前カードは2位ソフトバンクに敵地で3連戦3連敗。帰京する機内で、辻監督と橋上作戦コーチが逆襲へのプランを練った。それが、「1番源田、2番秋山」の新打線だ。開幕から「1番秋山、2番源田、3番浅村、4番山川」は不動だったが、113試合目でついに“聖域”にメスを入れた。

【続きを読む】

  • 前橋に集まったレオ党と浅村は勝利のタッチを交わした(撮影・蔵賢斗)
  • お立ち台にあがる西武の(左から)浅村、伊藤、小川=上毛新聞敷島球場(撮影・蔵賢斗)
  • 2回、本塁打を放つ西武・中村=上毛新聞敷島球場(撮影・蔵賢斗)
  • 先発の西武・多和田=上毛新聞敷島球場(撮影・蔵賢斗)
  • プロ初勝利を挙げ、辻監督(左)と記念撮影に応じる西武・伊藤=上毛新聞敷島球場(撮影・蔵賢斗)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 頼れる“打点王”浅村が逆転V弾!西武、最短9・1にM20点灯