2018.8.29 05:04(1/3ページ)

根尾、三刀流で大暴れ!大阪桐蔭勢が大学日本代表のド肝抜いた/U18アジア

根尾、三刀流で大暴れ!大阪桐蔭勢が大学日本代表のド肝抜いた/U18アジア

特集:
U18アジア選手権
五回、根尾は大学生から中越え三塁打を放った

五回、根尾は大学生から中越え三塁打を放った【拡大】

 U18アジア選手権壮行試合(28日、大学日本代表7-3高校日本代表、神宮)どっちが大学生だ!! 18歳以下によるU18アジア選手権(9月3日開幕・宮崎)に出場する高校日本代表の根尾昂内野手(3年)=大阪桐蔭=が大学生から2安打をマークし、投手としても1回を三者凡退。外野手で起用され、三刀流の準備万端。試合は3-7で敗れたが、大阪桐蔭を中心にムードは最高潮。侍高校生がアジアの頂点を目指す。 

 世代を代表する者同士の日の丸合戦。ナイター照明に照らされる根尾はまるで大学生のようだった。敗戦の中でも打って、投げて、右翼を守っての三刀流で、詰めかけた観衆2万5018人の度肝を抜いた。金属バットを木製に持ち替えても、そのすごみは増すばかりだ。

 「(大学生の)レベルの高い打撃、走塁を肌で感じることができた。負けましたけど素晴らしい勉強ができたと思います」

 まずは二回の第1打席。外角の138キロ直球を逆らわずに左前に運びチーム初安打を刻む。相手左腕は大学日本代表の先発・田中誠也投手(立教大3年)。今春の東京六大学リーグ戦でベストナインと最優秀防御率(1・16)に輝き、2014年夏の全国制覇を知る、大阪桐蔭の先輩から快音を残した。

 五回の第2打席は早大で主将を務める左腕・小島和哉投手(4年)の140キロ直球をはじき返し、球場がどよめく低弾道での中越え三塁打だ。

【続きを読む】

  • 六回、藤原は俊足を生かして、三塁へのタイムリー内野安打を放った
  • 大学日本代表戦の8回に登板し、三者凡退に抑えた高校日本代表の根尾=神宮
  • 3回大学日本代表・辰巳涼介のフェンス際の打球を好捕する高校日本代表・根尾昂=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 8回、投球する高校日本代表・根尾=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 5回、蛭間の一ゴロで生還した高校日本代表・根尾(左)はベンチ前でナインとタッチを交わす=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 5回、中越えに三塁打を放った高校日本代表・根尾=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 5回、三塁打を放つ高校日本代表・根尾=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 4回、投球する高校日本代表・渡辺=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 3回、安打を放つ高校日本代表・小泉=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 先発の高校日本代表・市川=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 柿木(右)を相手に投げるちびっ子に笑顔を見せる高校日本代表・根尾(左)=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 試合前に行われた野球教室で、子どもたちにボールの投げ方を指導する高校日本代表・根尾(手前左端)=神宮
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 根尾、三刀流で大暴れ!大阪桐蔭勢が大学日本代表のド肝抜いた/U18アジア