2018.8.27 05:02

5回0封の阪神・藤浪、9・2DeNA戦1軍浮上

5回0封の阪神・藤浪、9・2DeNA戦1軍浮上

特集:
藤浪晋太郎
5回4安打無失点の阪神・藤浪=大阪市此花区の舞洲バファローズスタジアム(撮影・山下香)

5回4安打無失点の阪神・藤浪=大阪市此花区の舞洲バファローズスタジアム(撮影・山下香)【拡大】

 (ウエスタンリーグ、オリックス2-2阪神、26日、舞洲バファローズスタジアム)阪神・藤浪晋太郎投手(24)が26日、オリックス戦(舞洲Bs)に先発し、5回4安打無失点だった。前回21日の広島戦(倉敷)も4回3安打無失点と2戦連続で好投し、青柳と並び9月2日のDeNA戦(甲子園)での1軍昇格候補に浮上した。 

 走者を背負っても慌てることなく、淡々と投げ込んだ。藤浪は要所を締める投球で5回4安打無失点。ベンチで見ていた矢野2軍監督は、納得の口ぶりで評価した。

 「ナイスピッチング。いろいろ試せていたし、数字以上に内容のある、いい登板になった。青柳もそうだけど、(藤浪)晋太郎も1軍(昇格)の候補に入ると思う」

 前回21日の広島戦から中4日。三回まで毎回得点圏に走者を背負ったが、最速157キロの直球を中心に得点を許さなかった。四回以降はフォークを決め球に、相手打線を無安打に。5回降板までに計94球を要しつつ6三振を奪い、課題の四球は2つだった。本人も「3ボールになった場面はあったけど、内容的には悪くなかった」と手応えを口にした。

 この日、1軍の巨人戦(東京ドーム)で先発した飯田は3回5安打4失点。今後は一度、登録抹消される予定で、9月2日のDeNA戦(甲子園)の先発が空白となる。青柳との2択ではあるが、藤浪が1軍に戻ってくる可能性が一気にふくらんだ。(織原祥平)

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 5回0封の阪神・藤浪、9・2DeNA戦1軍浮上