2018.8.27 05:05(1/4ページ)

日本ハム・清宮が高卒新人史上2人目の2戦連続猛打賞!88年立浪以来、球団では初

日本ハム・清宮が高卒新人史上2人目の2戦連続猛打賞!88年立浪以来、球団では初

特集:
2018新人情報
清宮幸太郎
六回、三失で一気に二塁まで到達した清宮。気迫のスライディングをみせた (撮影・野口隆史)

六回、三失で一気に二塁まで到達した清宮。気迫のスライディングをみせた (撮影・野口隆史)【拡大】

 (パ・リーグ、日本ハム4-2楽天、19回戦、日本ハム9勝8敗2分、26日、札幌D)清原、松井、大谷超えだ! 日本ハムは26日、楽天19回戦(札幌ドーム)に4-2で勝利した。ドラフト1位・清宮幸太郎内野手(19)=早実高=が、二回に中越え二塁打を放つなど2試合連続の3安打猛打賞をマーク。ドラフト制後(1966年以降)に入団した高卒新人では、88年の立浪和義(中日)以来30年ぶり2人目、球団では史上初の快挙となった。怪物ルーキーの連日の活躍で、チームは7カードぶりの勝ち越しを決めた。

 まるで打ち出の小づちだ。清宮のバットが止まらない。球団の高卒新人では初の2試合連続の猛打賞をマーク。清原和博、松井秀喜、大谷翔平らも達成できなかった偉業で、チームを勝利に導いた。 

 「勝ったことが一番うれしい。負けられない試合が続いている。しっかり得点できて、貢献できた」

 “清宮ショー”の幕開けは、二回一死一塁で迎えた第1打席。相手先発左腕、塩見の初球137キロの真っすぐを「うまく反応してくれた」とフルスイング。前日25日、二塁打が出ずサイクル安打を逃したうっぷんを晴らすかのような中堅フェンス直撃の二塁打で、鶴岡の先制2点打を呼び込んだ。

【続きを読む】

  • 清宮は八回、右前打を放ち2戦連続猛打賞を達成した
  • 日本ハム・清宮幸太郎の最近6試合のアットバット
  • 高卒新人の猛打賞回数
  • 中日・立浪和義=1988年
  • 2回、二塁打を放つ日本ハム・清宮=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • 2回、鶴岡の2点打で生還し、ベンチ前でタッチを交わす日本ハム・清宮=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • 4回、二塁打を放つ日本ハム・清宮=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • 4回、二塁打を放った日本ハム・清宮=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • 4回、鶴岡の適時打で生還して、笑顔でベンチに向かう日本ハム・清宮=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • 6回、一塁をまわる日本ハム・清宮=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • 8回、安打を放つ日本ハム・清宮=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • 試合後、栗山監督とタッチを交わす日本ハム・清宮=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. 日本ハム・清宮が高卒新人史上2人目の2戦連続猛打賞!88年立浪以来、球団では初