2018.8.27 19:34

日本、中国に五回コールドで大勝 一回に大量13点/アジア大会

日本、中国に五回コールドで大勝 一回に大量13点/アジア大会

1回、森下が満塁本塁打を放つ=ジャカルタ(共同)

1回、森下が満塁本塁打を放つ=ジャカルタ(共同)【拡大】

 ジャカルタ・アジア大会第10日(27日、インドネシア・ジャカルタほか)野球2次リーグA組の日本は中国を17-2の五回コールドゲームで下した。2戦2勝で1試合を残して同組2位以内が確定し、4チームで争う上位リーグ進出が決まった。

 日本は一回に森下(日立製作所)の満塁本塁打などで大量13点。その後も着実に加点した。(共同)

石井章夫監督の話「守れないと強いチームになれない。打てたのはたまたま」

臼井浩の話「パキスタンよりは打力があるチームだったので気力で投げた。(前日先発の)岡野がいい形で回してくれた」

森下翔平の話「自分の前に1点が入っていたので、もう1点取ろうと打った。全勝するつもりで目の前の試合に集中する」

松本桃太郎の話「社会人になって(本塁打が)1試合2本は初めて。次も勝って通過する」

  • 1回、満塁本塁打を放ち、チームメートに迎えられる森下(左)=ジャカルタ(共同)
  • 中国戦に先発した臼井=ジャカルタ(共同)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. アマ野球
  4. 日本、中国に五回コールドで大勝 一回に大量13点/アジア大会