2018.8.26 18:37

【V打一問一答】阪神・伊藤隼、連敗止める決勝打「打てると思った球を打とうと思った」

【V打一問一答】

阪神・伊藤隼、連敗止める決勝打「打てると思った球を打とうと思った」

8回、2点適時三塁打を放った阪神・伊藤隼=東京ドーム(撮影・森本幸一)

8回、2点適時三塁打を放った阪神・伊藤隼=東京ドーム(撮影・森本幸一)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人8-9阪神、21回戦、巨人13勝8敗、26日、東京D)阪神が両軍合わせて27安打17得点の乱打戦を制し、巨人に9-8で競り勝った。1点ビハインドの八回二死一、二塁、代打・伊藤隼が、巨人4番手・池田から右中間フェンス直撃の2点三塁打を放ち逆転に成功。この回一挙6点を挙げ、5点差ををひっくり返し、そのまま逃げ切った。チームの連敗を「3」で止める決勝打を放った伊藤隼は、ヒーローインタビューで充実した表情を浮かべた。

 --1点差に迫ってきた中で打席だった

 「前のみなさんがつないで自分のところに回ってきたので、あんまり深くあれこれ考えることなく、打てると思った球、自分が狙った球を打とうと思った」

 --どのボールを狙っていたんですか

 「球種面ではなく、自分が打ちにいった中で打てると思った球というイメージ」

 --初球から高めの球を捉えた

 「結果的には、いいところに飛んでくれた」

 --打球が抜けて、逆転した瞬間は

 「1点差というのはわかったけど、ぱっと見たときに逆転してるなと。ちょっとあんまり自分の中で実感がなかったので、ベンチの盛り上がりで戸惑った」

 --点差が縮まっていく中で、行けるぞという空気に変わってきたのはどのあたり

 「終盤で5点差あったけど、誰も諦めていなかった。応援してくれてるみなさんもいたので、絶対チャンスがくると思っていた。そういう中で自分にいいところで回ってくるなというイメージはしていた」

 --昨日、一昨日とシャットアウトで敗れ中でのこの大逆転勝利

 「ただの1勝かもしれないが、本当に勢いのつく勝ち方だと思うので、来週から甲子園に帰って、またいい戦いをしていきたい」

 --週明けの3連戦へ向けて

 「今日のような負けていても決して諦めずに、勝っていても気を引き締めて、いいゲームを続けていきたい」

  • 勝利して、梅野らナインを迎える阪神・金本監督ら=東京ドーム(撮影・村本聡)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【V打一問一答】阪神・伊藤隼、連敗止める決勝打「打てると思った球を打とうと思った」