2018.8.26 18:00(2/5ページ)

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】阪神、藤原1位指名なら金本監督に新外国人投手2人獲得を提示…球団内外からは2つの懸念

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】

阪神、藤原1位指名なら金本監督に新外国人投手2人獲得を提示…球団内外からは2つの懸念

特集:
「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記
俊足を武器に夏の甲子園で大暴れした藤原

俊足を武器に夏の甲子園で大暴れした藤原【拡大】

 当然ながら現場スカウト陣の評価も抜群だからこそ1位最有力なのですが、舞台裏では「電鉄本社筋の強い意向も働いている」と阪神OBのひとりは語りました。

 「坂井オーナーの意向が藤原1位なんだ。球団の長期ビジョンに立って1位指名を考えると、将来性豊かな藤原だろう…と。具体的な名前までは言わないようだが、話を総合すると『藤原1位指名』が球団幹部のヒアリングの結果だね。だから球団内部も藤原1位で進める態勢になっている」

 阪神はここ3年、ドラフト会議のイの一番で野手を指名してきました。3年前の高山(明大)、2年前の大山(白鴎大)、そして、昨年もクジは外したものの清宮(早実)→馬場(仙台大)を指名したのです。

 ドラフト戦略の底辺に流れるのは野手の戦力層の質量の向上です。金本監督の生え抜きの若手育成路線の色彩を濃くする狙いもあって、阪神電鉄本社ー球団は野手1位にこだわってきました。その流れを今年も継続する考えが読み取れます。

 ただ、今年のドラフト戦術も路線継続で…という単純な図式で済むかどうかは微妙な部分もあります。実際、藤原1位の動向には現場の長、金本監督の意向が入っていない…といいます。そして、関係者はこう話しているのです。

 「現場の希望は即戦力投手だよ。藤原を獲得しても高校生の外野手だからね。来季の戦力としては考えづらい。本社筋が言う通り、長期ビジョンに立った指名となる。しかし、金本監督は新たな3年契約の来季が2年目となり、監督就任4年目でもある。事実上の勝負の年。どうしても欲しいのはすぐに使える投手だろう。現場のニーズを満たしてやらないと、藤原1位をウンと言いにくいだろう」

【続きを読む】

  • 大阪桐蔭の藤原。豪快なフルスイングが魅力だ
  • 厳しい戦いが続く金本監督
  • 2017年1月、藤浪は母校・大阪桐蔭を訪れ、西谷監督に好物のベビースターラーメンをプレゼント
  • 2012年のセンバツを制し、写真撮影に臨む大阪桐蔭時代の藤浪(右)と西谷監督
  • 肩も強い藤原
  • 大阪桐蔭・藤原
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】阪神、藤原1位指名なら金本監督に新外国人投手2人獲得を提示…球団内外からは2つの懸念