2018.8.26 05:03(1/2ページ)

「執念」が泣いている…金本阪神、七回終了時ビハインドなら今季50連敗

「執念」が泣いている…金本阪神、七回終了時ビハインドなら今季50連敗

一回、バント失敗でベンチに引き揚げる北條(左)。金本監督(その右奥)も頭が痛い(撮影・村本聡)

一回、バント失敗でベンチに引き揚げる北條(左)。金本監督(その右奥)も頭が痛い(撮影・村本聡)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人6-0阪神、20回戦、巨人13勝7敗、25日、東京D)執念どこへ…。阪神は2試合連続の完封負けで、7年連続の巨人戦負け越しが決まった。一回に難敵菅野攻略のチャンスはあったが、北條のバント失敗と一走糸原の飛び出しで併殺。金本知憲監督(50)は「もったいない」と落胆。3連敗で借金は7となり、2位に3差、3位に2・5差とAクラスが遠のいてきた。

 一歩目からつまずき、「執念」も届かない。一回無死一塁で北條が試みたバントは捕前の小飛球に。一走・糸原も飛び出し、一気に二死だ。さあ攻めるぞ、と思った矢先の目を疑う光景に、金本監督は振ろうとしたタクトをポトッと落とした。策を打てず屈辱の2戦連続完封負けで、宿敵Gに今季も負け越し決定だ。

 「もったいないはもったいないですね、やっぱり。ランナーもねえ、飛び出して。結果的に初回ですよね、うん。終わってみれば、振り返るとしたら、あの攻撃あの回かなとは思いますけどね」

 菅野はその後も、2四球と内野安打で二死満塁のピンチを背負った。伊藤隼が三邪飛に倒れ、「0」でしのがれてしまっただけに、結果的にミスが際立つ形となってしまった。北條は「僕が…」と声にならない声をしぼり出し、何とかしたかった無念さを押し殺した。

 六回終了時にリードしていれば41勝0敗1分けという神話は、23日の中日戦(ナゴヤドーム)の逆転負けで途切れたが、それと相対する負の神話は、しっかりと続いている。七回終了時に“リードを許している”試合は、実は0勝50敗の勝率・000だ。主導権を握られてしまうとシュンとしてしまう。終盤に反撃に出てもすでに遅く、追いつけず、50連敗…。

【続きを読む】

  • 阪神・最近10年の対巨人戦成績
  • 阪神・最近10年の長期ロード成績
  • 7回空振り三振に倒れる阪神・ウィリン・ロサリオ=東京ドーム(撮影・矢島康弘)
  • 1回阪神・北條史也のバントは捕飛となる=東京ドーム(撮影・矢島康弘)
  • 3回、阪神・福留孝介は三振=東京ドーム(撮影・村本聡)
  • 4回、阪神・エフレン・ナバーロは三振=東京ドーム(撮影・村本聡)
  • 4回、マウンドで息を吹く阪神・小野=東京ドーム(撮影・森本幸一)
  • 先発の阪神・小野=東京ドーム(撮影・森本幸一)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 「執念」が泣いている…金本阪神、七回終了時ビハインドなら今季50連敗