2018.8.26 05:03(1/2ページ)

金足農・吉田、9・3ぶっつけ登板へ!28日「壮行試合」回避濃厚/U18アジア

金足農・吉田、9・3ぶっつけ登板へ!28日「壮行試合」回避濃厚/U18アジア

特集:
U18アジア選手権
吉田(左)は根尾(中)、藤原と一緒に報道陣に対応。笑顔で愛称が「ヨッシー」となったことを明かした (撮影・今野顕)

吉田(左)は根尾(中)、藤原と一緒に報道陣に対応。笑顔で愛称が「ヨッシー」となったことを明かした (撮影・今野顕)【拡大】

 高校野球・日本代表合宿初日(25日、東京都内)野球のU18(18歳以下)アジア選手権(9月3日開幕、宮崎)に出場する高校日本代表が25日、東京都内のグラウンドで合宿を開始した。金足農(秋田)の吉田輝星(こうせい)投手(3年)は全国高校野球選手権で計881球を投げた疲労を考慮され、初日は別メニューで調整。大学日本代表と28日に神宮で対戦する「侍ジャパン壮行試合」は登板を回避する方向で、アジア選手権はぶっつけ本番で臨む。

 はやる気持ちを必死に抑えた。初めて侍ジャパンのユニホームに身を包んだ吉田は、猛暑の中で精力的に体を動かすチームメートを横目に、別メニューで調整した。

 「宮崎に行ってからが本番と思っています。そこで(アジア選手権)2連覇に貢献したいです」

 午後2時45分の練習開始と同時に、仲間から離れ、外野フェンスぞいでウオーキング。その後は一塁ベンチ前でシート打撃を見ながら、トレーナーに両足をマッサージしてもらい、左翼後方のブルペンに移動して柿木(大阪桐蔭)らの投球練習をうらやましそうに見守った。最後は投手陣とのストレッチで約3時間の合宿初日を終えた。

 夏の甲子園決勝からまだ4日。甲子園では6試合で881球、秋田大会を含めると計1517球を投じた疲労の回復を最優先することになった。吉田本人は他の投手と同じ練習メニューを希望したが、高校日本代表の永田裕治監督(54)=元報徳学園高監督=が「駄目や」とストップをかけた。“平成最後の怪物”を守るため、そして、柿木や渡辺(浦和学院)ら強力投手陣で「アジア1」をつかみ取るためだ。吉田は26日も別メニューで調整する。

【続きを読む】

  • 吉田は別メニューでマッサージやストレッチに終始し、疲労回復に努めた
  • 日本代表としてチームメートになった(左から)根尾、吉田、藤原=東京都(撮影・今野顕)
  • 疲労を抜くため別メニューでベンチから練習を見る吉田=東京都(撮影・今野顕)
  • 守備練習する根尾=東京都(撮影・今野顕)
  • 高校日本代表メンバー
  • 高校野球・今後の主な日程
  • 高校日本代表・U18アジア選手権日程
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 金足農・吉田、9・3ぶっつけ登板へ!28日「壮行試合」回避濃厚/U18アジア