2018.8.27 10:01(1/2ページ)

きらやか銀行が日本選手権王手!斉藤決勝打で延長十八回激闘制す/東北スポーツ

きらやか銀行が日本選手権王手!斉藤決勝打で延長十八回激闘制す/東北スポーツ

特集:
東北スポーツ
斉藤が延長十八回に勝ち越しの適時二塁打。チームを決勝に導いた (撮影・葉山理)

斉藤が延長十八回に勝ち越しの適時二塁打。チームを決勝に導いた (撮影・葉山理)【拡大】

 第44回社会人野球日本選手権・東北最終予選準決勝(26日、仙台市民)準決勝が行われ、きらやか銀行(山形)が延長十八回の激闘の末、トヨタ自動車東日本(岩手)に5-4で勝利。初の日本選手権出場へ王手をかけた。3-3で迎えた延長十八回、斉藤晃平内野手(26)の適時二塁打などで2点を奪取し、逃げ切った。決勝は27日、石巻市民球場で行われる。

 6時間1分(雨によるグラウンド整備で16分中断)の激闘を終え、殊勲の斉藤もさすがに疲れを隠せなかった。

 「長かった…。延長十八回までやったのは、経験がない。打ったのは真ん中高めの真っすぐ。みんながつないでくれたチャンスだったので、それに応えたいと思った」

 3-3で迎えた延長十八回。二死二塁の好機で「2番・二塁」の斉藤が中越え適時二塁打。3番・日山も二塁打で続き、この回に2点。裏の攻撃で1点を返されたが、何とか5-4で逃げ切った。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. アマ野球
  4. きらやか銀行が日本選手権王手!斉藤決勝打で延長十八回激闘制す/東北スポーツ