2018.8.25 10:01(1/2ページ)

金足農OB・吉田、3安打で山形きらやか銀行快勝!/東北スポーツ

金足農OB・吉田、3安打で山形きらやか銀行快勝!/東北スポーツ

特集:
東北スポーツ
母校に刺激を受けた吉田が3安打1打点。初の日本選手権出場へ好スタートを切った (撮影・葉山理)

母校に刺激を受けた吉田が3安打1打点。初の日本選手権出場へ好スタートを切った (撮影・葉山理)【拡大】

 第44回社会人野球日本選手権・東北最終予選1回戦(24日、仙台市民)1回戦2試合が行われ、きらやか銀行(山形)がJR秋田(秋田)に6-3で勝利。26日の準決勝へ進んだ。今夏の甲子園を席巻した秋田・金足農高出身の吉田真也内野手(24)=東農大北海道オホーツク=が「4番・一塁」で出場し3安打1打点と活躍。初の日本選手権出場へ前進した。25日も1回戦2試合が開催される。

 後輩たちの活躍をエネルギーに変え、背番号「35」が躍動。初めて4番に座った吉田が見事に結果を出した。

 「金足農の後輩たちに元気とパワーをもらった。自分も頑張らないといけない」

 今夏の甲子園で、母校の金足農高が準優勝。吉田は主将の佐々木大夢外野手(3年)と親類関係にあり、日本中を沸かせた後輩たちの快進撃に奮い立った。

 一回、二死二塁の第1打席で中前打。チームに先制点をもたらすと、2-3で迎えた五回、無死一、二塁の好機でも右前打。相手右翼手が後逸し、2者が生還して“逆転打”となった。3打数3安打1打点に2四球で全打席出塁。6-3の勝利に貢献した。

【続きを読む】

  • 金足農の吉田
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. アマ野球
  4. 金足農OB・吉田、3安打で山形きらやか銀行快勝!/東北スポーツ