2018.8.24 08:00

【上田二朗 サブマリン斬り】メッセの五回もったいない、慌てて逆ターンで悪送球 

【上田二朗 サブマリン斬り】

メッセの五回もったいない、慌てて逆ターンで悪送球 

特集:
上田二朗 サブマリン斬り
先発の阪神・メッセンジャー=ナゴヤドーム(撮影・村本聡)

先発の阪神・メッセンジャー=ナゴヤドーム(撮影・村本聡)【拡大】

 (セ・リーグ、中日4x-3阪神、18回戦、中日10勝8敗、23日、ナゴヤD)改めて「先頭打者への四球」が失点に結びついてしまうことを痛感する試合になった。九回裏、藤川は十二分に分かっていながら、平田を歩かせてしまった。本塁打が出やすい球場などを頭に入れて、慎重に慎重に投げた結果だが、やはり痛かった。三回までゼロに抑えていたメッセンジャーが許した最初の1点も先頭打者への四球。各投手はもう一度、肝に銘じてもらいたい。

 とはいえ、7回3失点のメッセンジャーを責めることはできない。立ち上がりからキレがなかく、フォークの落ちも今ひとつ。それでも崩れないのは大黒柱の真骨頂だろう。

 だからこそ、もったいないのは五回の自身のミス。一死二塁。大島の投ゴロを処理したまでは良かったが、二走・平田を三塁で刺そうとした送球が悪送球。適時失策になってしまった。

 この場面、メッセンジャーは「投ゴロなら三塁で殺すことある」という選択肢が抜け落ちていた節がある。頭の中で決めていないから、慌てて逆ターンでバランスを崩した中での送球が逸れた。有りがちなミスだが、ハイレベルな投手・メッセンジャーだからこそ、防いでもらいたかった。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ

  • 5回、安打を放つ阪神・メッセンジャー=ナゴヤドーム(撮影・村本聡)
  • 5回、中日・大島の打球を三塁へ悪送球し同点とされる阪神・メッセンジャー=ナゴヤドーム(撮影・村本聡)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【上田二朗 サブマリン斬り】メッセの五回もったいない、慌てて逆ターンで悪送球