2018.8.24 05:00

阪神・球児、サヨナラ打で痛恨2敗目

阪神・球児、サヨナラ打で痛恨2敗目

特集:
藤川球児
投球する阪神・藤川=ナゴヤドーム(撮影・村本聡)

投球する阪神・藤川=ナゴヤドーム(撮影・村本聡)【拡大】

 (セ・リーグ、中日4x-3阪神、18回戦、中日10勝8敗、23日、ナゴヤD)自滅-。阪神は六回終了時点でリードしていたら今季40勝1分けで無敗だったが、1点リードの七回に糸原健斗内野手(25)が痛恨の野選で同点とされた。

 九回に登板した藤川はサヨナラ打を食らい、今季2敗目を喫した。先頭の平田を四球で歩かせ、犠打と申告敬遠で一死一、二塁とピンチを背負い、ビシエドに低め142キロを右前へ弾き返された。先頭打者への四球について「結果からすれば。結果論だから」と話し、「明日からも試合があるので、しっかり頑張ります」と巻き返しを誓った。

試合結果へ

  • 試合前練習会話する中日・松坂(左)と阪神・藤川=ナゴヤドーム(撮影・門井聡)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・球児、サヨナラ打で痛恨2敗目