2018.8.24 22:05

ヤクルト・山田哲、2年ぶり30号到達にも笑顔なし「まだまだあるので」

ヤクルト・山田哲、2年ぶり30号到達にも笑顔なし「まだまだあるので」

特集:
山田哲人
1回 本塁打を放つヤクルト・山田哲=神宮球場(撮影・長尾みなみ)

1回 本塁打を放つヤクルト・山田哲=神宮球場(撮影・長尾みなみ)【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト3-6DeNA、17回戦、ヤクルト10勝7敗、24日、神宮)ヤクルトの山田哲が2試合連発となる30号ソロを放った。打率は3割2分で盗塁は28をマークしており、2年ぶり3度目となる打率3割、30本塁打、30盗塁のトリプルスリー達成に着実に近づいている。だが、チームが3位に転落し「うれしいけど、まだまだ(試合は)あるので」と笑顔はなかった。

 0-1の一回2死無走者で2ボール1ストライクから浜口の浮いたチェンジアップを完璧に捉えて左翼席中段に運んだ。2年ぶりの大台到達となる一発には「上体を前に出されることなく、ためて、しっかり自分のスイングができた」と納得の表情だった。

小川監督(6回5失点のブキャナンに)「三回からは立ち直ったが、波に乗る前にやられた形」

バレンティン(三回に適時打で7試合連続打点)「強い打球を打つことを心掛けて打席に入った」

試合結果へ

  • 1回本塁打を放ち生還したヤクルト・山田哲はベンチ前でつば九郎とタッチを交わす=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. ヤクルト・山田哲、2年ぶり30号到達にも笑顔なし「まだまだあるので」