2018.8.24 11:30(1/2ページ)

【乾坤一筆】縁感じた人とのつながり

【乾坤一筆】

縁感じた人とのつながり

特集:
ベテラン記者コラム・乾坤一筆

 子供の頃、確かにテレビで見たのを覚えている高校野球は1969年夏の松山商(愛媛)-三沢(青森)の決勝再試合。当時小学2年生で、球史に残る試合だったのを知るのは何年も後のことだ。

 勝敗より、珍しい名前が気になった。三沢の小比類巻(こひるいまき)英秋捕手。戦国大名の長宗我部元親、小説家の武者小路実篤らは、まだ知らない。初めて見る漢字4文字の名字だった。

 昨秋、第100回大会に向けた連載『荒木大輔の歴史旅』で三沢市を訪れ、準優勝メンバーに取材する機会に恵まれた。小比類巻さんには「ずっとお会いしたかったんです」とあいさつした。

 連載では地元での準優勝パレードの写真を掲載した。パレードは太田幸司投手が甲子園大会直後のブラジル遠征から帰国するのを待って行われ、太田さんと小比類巻さんのユニホームは汚れたまま。「洗いたくなかったんだ」というバッテリーの絆に感動した。

 そして後日談。今も大事に保管されていると思いきや、「うーん、捨ててはいないと思うけど、一体どこにあるのか…」と小比類巻さん。約半世紀の年月を感じた。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 野球その他
  4. 【乾坤一筆】縁感じた人とのつながり