2018.8.24 08:00(2/2ページ)

【小早川毅彦のベースボールカルテ】五輪はやはりアマで編成すべきだ

【小早川毅彦のベースボールカルテ】

五輪はやはりアマで編成すべきだ

特集:
小早川毅彦のベースボールカルテ

 大学の監督に会うたびに、「野球をする子供たちが目に見えて減っている。大学生のレベルも下がって厳しい」という声を聞く。少子化に加え、野球の用具をそろえるのにはお金がかかる。球場や家族の協力も必要だ。

 今はサッカーのほかにバスケットボールも人気だという。2020年東京五輪では従来の5人制に加え、1チーム3人で戦う「3×3」が正式種目に採用される。広いグラウンドを持たない学校はあっても、体育館がない学校は皆無だろう。

 アマの選手は決して、プロの予備軍ではない。日本の野球界を揺るぎないものにするためには、アマとプロが両輪として機能しないといけない。(サンケイスポーツ専属評論家)

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 野球その他
  4. 【小早川毅彦のベースボールカルテ】五輪はやはりアマで編成すべきだ