2018.8.23 14:00

大谷翔平、代打でバットを折りながら…中前安打!Dバックス平野は1回無失点 大谷との直接対決はなし

大谷翔平、代打でバットを折りながら…中前安打!Dバックス平野は1回無失点 大谷との直接対決はなし

特集:
平野佳寿
大谷翔平
ダイヤモンドバックス戦の6回、代打で中前打を放つエンゼルス・大谷=フェニックス(共同)

ダイヤモンドバックス戦の6回、代打で中前打を放つエンゼルス・大谷=フェニックス(共同)【拡大】

 ダイヤモンドバックス5-1エンゼルス(22日、フェニックス)米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(24)はDバックス戦、3点ビハインドの六回に先頭で代打で出場。右腕バックホルツ相手に、カウント2-2から内角の速球にバットを折りながらも中前に運ぶ安打をマークした。後続のニゴロで、二塁封殺となった。1打数1安打で、打率は・270となった。

 この日は、ナ・リーグ本拠地の交流戦のため、2試合連続のベンチスタートなった。

 なお、Dバックスの平野佳寿投手(34)は4点リードの九回に4番手として登板。先頭のカワ―トを空振り三振に仕留めた後、プホルスに四球を与えたが、後続を断ち無失点で切り抜けた。この日は1回無失点で、防御率2・17。

 ナ・リーグ西地区首位のDバックスはエンゼルスを下し、3連勝。貯金を今季最多の「15」に積み上げた。

試合結果へ大谷の打撃成績へ平野の成績へ

  • ダイヤモンドバックス戦の6回、代打で中前打を放ち、体勢を崩しながら一塁へ向かうエンゼルス・大谷=フェニックス(共同)
  • ダイヤモンドバックス戦の6回、中前打で出塁後、カルフーンの遊ゴロでスタートを切るエンゼルス・大谷=フェニックス(共同)
  • エンゼルス戦の9回に登板し、1回を無失点のダイヤモンドバックス・平野=フェニックス(共同)
  • エンゼルスに勝利し、ロブロ監督(左)と握手を交わすダイヤモンドバックス・平野=フェニックス(共同)
  • 試合後、ファンの声援に笑顔で手を振るダイヤモンドバックス・平野=フェニックス(共同)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 大谷翔平、代打でバットを折りながら…中前安打!Dバックス平野は1回無失点 大谷との直接対決はなし