2018.8.23 17:37

【球界ここだけの話(1370)】日本ハム・田中賢、優勝争いが佳境の中で若手選手の精神的支柱

【球界ここだけの話(1370)】

日本ハム・田中賢、優勝争いが佳境の中で若手選手の精神的支柱

特集:
サンスポ記者の球界ここだけの話
日本ハム・田中賢

日本ハム・田中賢【拡大】

 チームにとって、ベテランの力は大きい。日本ハムの田中賢介内野手(37)は、今年でプロ17年目。今季はここまで49試合に出場し、打率・267、6打点と出場機会は決して多くないが、若手選手が多いチームの精神的支柱となっている。

 自ら「おじさんだから」と自虐するが、アスリートとしての意識が驚くほど高い。自らの栄養学を学び、白米は口にせず、玄米を中心とした食生活を実践。肉はタンパク質を多く含む鶏肉、魚は青魚か白身で大型魚は食べない。料理はだし粉末からこだわり、疲労回復にいいとされる「黒にんにく」を取り入れている。

 同じ福岡出身で自主トレをともにする選手会長の中島卓也内野手(27)は、憧れの存在に田中賢の名を挙げる。7月下旬にトレードでロッテに移籍した岡大海外野手(27)もかわいがっていた選手の1人。すぐにおなかを下す体質の岡には、玄米をすすめ、球場で食を取る際には隣に座って指導していた。

 有原航平投手(26)も、田中賢を慕っている。マウンド上で熱くなりやすい有原のため、登板時の攻撃中はベンチで隣の席を確保。巧みなトークだけでなく、タオル、水を渡すなど献身的にサポートし、緊張をほぐしている。

 パ・リーグの優勝争いも佳境。日本一の経験もある百戦錬磨のベテランの活躍を期待したい。(中田愛沙美)

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. 【球界ここだけの話(1370)】日本ハム・田中賢、優勝争いが佳境の中で若手選手の精神的支柱