2018.8.22 13:00(1/2ページ)

【球界ここだけの話(1369)】巨人・菅野にとって坂本の存在、主将の言葉を胸にチームを支えるエース

【球界ここだけの話(1369)】

巨人・菅野にとって坂本の存在、主将の言葉を胸にチームを支えるエース

特集:
サンスポ記者の球界ここだけの話
投手陣の柱、巨人・菅野

投手陣の柱、巨人・菅野【拡大】

 巨人には、2人の柱がいる。「打の柱」である主将・坂本勇人内野手(29)と、「投の柱」であるエース・菅野智之投手(28)だ。現在、坂本勇は左脇腹の肉離れでリハビリ中。大事な1本の柱が欠ける中、菅野は坂本勇の分もチームを背負い、戦っている。

 「一番は、いなくなって初めて偉大さってわかる。一緒にいるときは当たり前になっている。今回(坂本勇が)チームから離れて、改めて存在の大きさを感じます。大げさかもしれないけど、誰かが亡くなったときもそうだと思う。亡くなって改めて、この人がこれだけのことをやってきたんだって認識させられる。それに似た感覚なんじゃないかなって思う。ちょっと大げさかもしれないですけど」

 菅野自身も苦しんでいた。坂本勇が出場選手登録を抹消されたのは7月17日。だが、エースは同6日の広島戦(東京ドーム)から、8月18日の中日戦(東京ドーム)で勝利するまで約1カ月半の間、白星から遠ざかっていた。長く暗いトンネル。そんな中でも、主将から受けた言葉を胸に、前を向き続けた。

 『明日からチーム離れるけど、頼むな』

 坂本勇がチームを離れる日。主将がエースに、思いを託した。たしかに、坂本勇の離脱は大きい。打線においても、チーム全体においても柱を1本欠くことで、攻撃の作戦や安心感など、変わってくる部分は多い。だが、後ろばかり向いていられない。主将の離脱は全員でカバーするしかない。そして、その中心に菅野がいる。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 【球界ここだけの話(1369)】巨人・菅野にとって坂本の存在、主将の言葉を胸にチームを支えるエース