2018.8.20 05:04(1/2ページ)

大谷、豪快エビ反り弾!日本選手初の代打でシーズン2発

大谷、豪快エビ反り弾!日本選手初の代打でシーズン2発

特集:
大谷翔平
大谷は上体を大きく後ろに反らして、高めの球をバックスクリーン左まで豪快に運んだ(AP)

大谷は上体を大きく後ろに反らして、高めの球をバックスクリーン左まで豪快に運んだ(AP)【拡大】

 レンジャーズ7-11エンゼルス(18日=日本時間19日、アーリントン)米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(24)が敵地でのレンジャーズ戦で7-6の七回一死一、二塁から代打で出場。中堅に13号3ランを放った。7日(同8日)以来のアーチで代打では今季2本目。11-7の勝利に貢献した。試合前にはブルペンで投球練習。20日(同21日)以降にアリゾナ州テンピのマイナー施設で、右肘の故障後初めて実戦形式の練習に登板することになった。

 規格外のパワーを見せつけた。1メートル93の大谷の体が、強くしなる。右腕バトラーの4球目、胸付近に来た高めのボールに対し、体をのけぞらせるようにして角度をつけると、打球はセンターへと高々と舞い上がった。

 「チャンスだったので積極的に行きたいなと。(捉えたのが)芯付近だったので(スタンドまで)行ってほしいな、と思って走りました」

 白球は、センターバックスクリーン手前の芝生へ-。客席から飛び出してきたファンのグラブに収まった。

 値千金だった。雨で2時間26分も開始が遅れた試合は、エ軍が4点リードを追いつかれ、七回に突入。3連打で1点を勝ち越し、なお一死一、二塁。日付が変わる目前に、大谷に声がかかった。采配ズバリのマイク・ソーシア監督(59)は「こういう場面を待っていたんだ。本当に大きい一発だった」と満面の笑みだ。

 代打弾は、7月8日(同9日)以来。シーズン2本は日本選手では初となった。プロで最も遅い時間での本塁打か、との問いに大谷は「分かりません」と笑いを誘い、午前2時のバスに乗り込んだ。

【続きを読む】

  • レンジャーズ戦の7回、代打で3ランを放ちプホルス(左)とタッチを交わすエンゼルス・大谷=アーリントン(共同)
  • レンジャーズ戦の7回、代打で3ランを放ちカルフーンの出迎えに笑顔を見せるエンゼルス・大谷(右)。手前はソーシア監督=アーリントン(共同)
  • レンジャーズ戦の7回、代打で3ランを放ち、コーチとタッチするエンゼルス・大谷=アーリントン(共同)
  • 本塁打を放った大谷(ロイター)
  • 本塁打を放った大谷(AP)
  • ベンチでハイタッチする大谷(ロイター)
  • レンジャーズ戦の1回、ベンチで笑顔を見せるエンゼルス・大谷=アーリントン(共同)
  • レンジャーズ戦の試合前、ブルペンで投球練習をするエンゼルス・大谷=アーリントン(共同)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 大谷、豪快エビ反り弾!日本選手初の代打でシーズン2発