2018.8.19 05:04(3/3ページ)

大阪桐蔭、“新伝説”4強!藤原2発でPL夏の通算本塁打記録超えた/甲子園

大阪桐蔭、“新伝説”4強!藤原2発でPL夏の通算本塁打記録超えた/甲子園

5回、右越えに本塁打を放つ大阪桐蔭・藤原=甲子園球場(撮影・二星昭子)

5回、右越えに本塁打を放つ大阪桐蔭・藤原=甲子園球場(撮影・二星昭子)【拡大】

九回にPL学園を抜く、大阪桐蔭の春夏通算71号を放った6番・石川(3年)「もってるな、というのはありますね。(公式戦自身初、通算6本目に)次の試合への自信になる。いい感じで打てたので、のっていけます」

大阪桐蔭・中川主将(3年)「守備から攻撃にリズムがつくれた。そこが大きな勝因」

六回に2点打を放った大阪桐蔭・青地(3年)「代わった相手投手が苦しんでいた。試合を決めるにはここだと思った」

ロッテ・永野チーフスカウト「藤原は、前の打席で厳しい内角球にどん詰まりにされた球(記録は内野安打の)を待って、右翼席に運んだ。普通の高校生ではよくて芯を食ってファウルで、それを本塁打にした。プロの投手と打者の対決でやるレベルのことを意地でやっている」

ヤクルト・阿部スカウト「藤原は、前の打席で打ちとられたような球を狙って、一球で仕留めて右翼へ本塁打。能力の高さを再認識した。根尾は、先制点のほしいところで、ムチでも使うようにバットを体の近くで振って本塁打にした。勝負強さをあらためて見せたと思う」

藤原 恭大(ふじわら・きょうた)

 外野手。2000(平成12)年5月6日生まれ、18歳。大阪府出身。原田小1年から野球を始め、豊中市立第五中ではオール枚方ボーイズでプレー。大阪桐蔭では1年夏からベンチ入り。甲子園は2年春から今夏まで4季連続出場。左投げ左打ち。50メートル5秒7。高校通算32本塁打。1メートル81、79キロ。背番号「8」

データBOX

 ◎…大阪桐蔭が浦和学院戦で4本塁打。夏の甲子園大会での本塁打数(48本)や、春夏合計の本塁打数(71本)でもPL学園(春25・夏45の計70本)を超えた
 ◎…藤原は今大会3本目の本塁打。昨春の選抜での2本と合わせ、甲子園通算5本塁打。大阪桐蔭では平田良介(中日=春1本、夏4本)、森友哉(西武=春1本、夏4本)と並び、トップタイとなった

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  • 5回、右越えに本塁打を放ち1塁を回る大阪桐蔭・藤原恭大=甲子園球場(二星昭子撮影)
  • 6回表大阪桐蔭1死二、三塁、藤原が中前に2点打を放つ。投手は浦和学院・永島=甲子園
  • 5回、本塁打を放つ大阪桐蔭・藤原=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  • 8回、本塁打を放つ大阪桐蔭・藤原=甲子園球場(撮影・佐藤徳昭)
  • 5回、本塁打を放つ大阪桐蔭・藤原=甲子園球場(撮影・佐藤徳昭)
  • 5回、本塁打を放ち三塁を回る大阪桐蔭・藤原=甲子園球場(撮影・佐藤徳昭)
  • 2番手で登板した大阪桐蔭・柿木=甲子園球場(撮影・佐藤徳昭)
  • 9回、本塁打を放つ大阪桐蔭・石川=甲子園球場(撮影・佐藤徳昭)
  • 3回、笑顔で選手に指示を出す大阪桐蔭・西谷監督=甲子園球場(撮影・佐藤徳昭)
  • 大阪桐蔭・藤原の今大会アットバット
  • 大阪桐蔭、PL学園・比較表
  • 大阪桐蔭とPL学園・夏の甲子園本塁打数
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 大阪桐蔭、“新伝説”4強!藤原2発でPL夏の通算本塁打記録超えた/甲子園