2018.8.19 18:21

オリックス・松葉、好投に充実感漂う「最少失点で粘れたことは良かった」

オリックス・松葉、好投に充実感漂う「最少失点で粘れたことは良かった」

先発のオリックス・松葉=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)

先発のオリックス・松葉=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)【拡大】

 (パ・リーグ、オリックス4-8ソフトバンク、18回戦、ソフトバンク11勝7敗、19日、京セラ)オリックスの松葉は今季3度目の先発で最長の7回を投げ、1失点と好投した。打線の援護がなく2勝目はならなかったが「五回までは毎回のように走者を出して苦しい投球になってしまったが、最少失点で粘れたことは良かったと思う」と充実感を漂わせた。

 六、七回はリズムよく、ともに3人で抑えた。「次回登板ではテンポのいい投球を初回からやっていきたい」と話した。

試合結果へ

  • 9回、ソフトバンク・今宮に2点本塁打を浴びるオリックス・山田=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)
  • 7回終えて、選手交代を告げるオリックス・福良監督=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)
  • 1回、オリックス・T-岡田は押し出し四球を選び先制=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. オリックス・松葉、好投に充実感漂う「最少失点で粘れたことは良かった」