2018.8.17 08:00

【八木裕 神眼スコープ】阪神・大山、コイに直球勝負させた直前の変化球打ち

【八木裕 神眼スコープ】

阪神・大山、コイに直球勝負させた直前の変化球打ち

特集:
八木裕 神眼スコープ
八回無死満塁から、決勝打を放った大山(撮影・村本聡)

八回無死満塁から、決勝打を放った大山(撮影・村本聡)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神3-2広島、17回戦、広島11勝6敗、16日、京セラ)ポイントに挙げたいのは八回無死満塁、代打・大山がカウント2-2から決勝打を放った6球目…ではなく、その前の5球目のファウル。三塁走者・中谷のオシリを直撃した、あの1球だ。

 その前の4球目、大山はフランスアの直球に押されてのファウルだった。おそらくバッテリーは、これだけ球威で押せたのなら、次は変化球で打ち取れると確信したはず。私もそう感じた。

 ところが、大山はワンバウンドになりそうなフォークをバットの芯でとらえ、痛烈な打球を放った。これでバッテリーに迷いが生じ、次の球に直球を選択。直球に絞りやすくなっていた大山が中前打した。見事だった。

 この打席。まず人選に驚かされた。誰もが原口だと思ったはず。ただ、ベンチは状況だけでなく相性も考える。原口の左腕との打率の低さ、速球に強い大山、などの要素で決断したのだろう。結果が最も重要。そういう意味で、ベンチのファインプレーさい配だった。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【八木裕 神眼スコープ】阪神・大山、コイに直球勝負させた直前の変化球打ち