2018.8.17 05:06(1/3ページ)

中日・松坂、8年ぶり5勝!DeNA「横浜高打線」を返り討ち

中日・松坂、8年ぶり5勝!DeNA「横浜高打線」を返り討ち

松坂は一回、筒香を三振に斬り、勢いをつけた(撮影・中島信生)

松坂は一回、筒香を三振に斬り、勢いをつけた(撮影・中島信生)【拡大】

 (セ・リーグ、中日11-5DeNA、20回戦、DeNA11勝9敗、16日、ナゴヤD)中日は16日、DeNA20回戦(ナゴヤドーム)に11-5で勝ち、2連勝を飾った。先発の松坂大輔投手(37)が6回5安打3失点で米大リーグ、レッドソックス時代の2010年以来の5勝目(3敗)を挙げた。DeNAのアレックス・ラミレス監督(43)が、横浜高OBで松坂の後輩にあたる4選手を今季初めて同時にスタメン起用した“奇策”にも動じず、返り討ちにした。20年前に夏の甲子園大会で日本中を沸かせた怪物が、この夏に復活を印象付けた。

 勝利の列の先頭でナインを出迎えた。利き手を守るための左手によるハイタッチは以前のままだ。松坂が自身4連勝を飾った。

 「みんな上(1軍)にいるのは知っていたし、もしかしたら(対戦機会が)多くなるのかな、とは予想していました」

 この試合前まで4勝2敗、防御率1・80と相性のいい球場での対戦に、DeNAのラミレス監督が仕掛けてきた。横浜高のレジェンド的な存在でもある、松坂に対し「ヨコハマコウコウで一丸となって戦ってもらいたい」と4人の同校OBをスタメンで起用した。筒香を除く荒波、石川、倉本はレギュラーではなく、この4人の同時先発は今季初めての“奇策”だった。

【続きを読む】

  • 松坂(左)は亀沢からウイニングボールを手渡され、ニッコリ(撮影・中島信生)
  • 横浜時代の松坂大輔
  • 横浜時代の福田
  • 先発の中日・松坂=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)
  • DeNA戦に先発した中日・松坂=ナゴヤドーム
  • 6回、連打を浴びた中日・松坂=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)
  • 8回、マウンドに上がった中日・浅尾=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)
  • 7回からマウンドに上がった中日・福谷=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)
  • 9回のマウンドに上がった中日・三ッ間=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)
  • 2回、適時二塁打を放つ中日・平田=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)
  • 4回、犠飛を放つ中日・大島=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)
  • 戦況を見守る中日・森中日・森監督=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 中日
  5. 中日・松坂、8年ぶり5勝!DeNA「横浜高打線」を返り討ち