2018.8.16 22:22

【指揮官一問一答】阪神・金本監督「能見なしではうちのリリーフは考えられない」

【指揮官一問一答】

阪神・金本監督「能見なしではうちのリリーフは考えられない」

勝利して能見とタッチを交わす阪神・金本監督=京セラドーム大阪(撮影・村本聡)

勝利して能見とタッチを交わす阪神・金本監督=京セラドーム大阪(撮影・村本聡)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神3-2広島、17回戦、広島11勝6敗、16日、京セラ)阪神が2-2の八回、無死満塁から代打・大山の適時打で勝ち越し。九回にドリスが危険球による退場処分となるハプニングはあったものの、能見が後続を断った。阪神の金本監督は投打のヒーローを称え、17日からのヤクルト戦を見据えた。

 --能見が締めた

 「緊急でしたけど、その前に(肩を)作っていたので、すぐに(準備が)できたとは思うんですけど。やっぱり気持ちの準備ってものがあるからね。本当によくしのいでくれましたね」

 --能見の存在感

 「リリーフにいってからきちっと抑えてくれているのでね。能見なしではね、ちょっとうちのリリーフは考えられない状態ですね」

 --先発のメッセンジャーは

 「序盤から珍しくっていいますかね、メッセらしくなくっていうかね、インコースをついていってたのでね。結構向こうのバッターも戸惑っていたんじゃないのかなっていうのもありますし、カーブのキレっていうのがね、すごく良かったんじゃないのかなって思いますね」

 --打つ方は八回に代打・大山が決勝打

 「原口というアレもあったんですけど、なんていいますか、左ピッチャーは原口あんまり良くないんでね、かえって右ピッチャーのほうがいいんでね。速い球に強い大山っていうので出しましたけど、よくやってくれましたね」

 --4カード連続の勝ち越し

 「やっぱり目先の勝ち越しっていうのは一つのテーマなんでね。続けていきたいですね」

 --明日から神宮

 「神宮に行けば打線が元気になるんで期待しています」

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【指揮官一問一答】阪神・金本監督「能見なしではうちのリリーフは考えられない」